お役立ちコンテンツ

幼児教育なら幼児教室のギフト教育ラボTOP >  幼児教育コラム > 子育て > 運動好きな子供に育てる4つのポイント

運動好きな子供に育てる4つのポイント

2015.12.24

c2880c3eb29675f30d6e9bba7409ac1f_s

子供の運動能力低下が問題視されている!

文部科学省の調査結果では、「小学校6年生の運動能力数値がこの50年で最低」という衝撃の内容が報告されています。

緑地の原料やゲームの普及という形で子供が元気に外で遊ぶ機会が激減している現在は、確かに運動能力が低下する要因が多い時代と考えて良いでしょう。

今回は、お子さんの運動能力アップや健康に繋がる「運動を好きにさせるコツ」をご紹介していきます。

運動ができる子供を育てるためには?

運動ができる子供を育てるためには、「好きこそものの上手なれ」という言葉を頭に入れてサポートするのがおすすめです。

苦手意識がなく、「楽しい!」と感じながら運動と向き合える子供は、自分にできない対象が出てきた時にも、「乗り越えることを楽しむ」というプラス思考でいられます。

これに対して、最初から運動があまり好きではない子供たちは、「自分に乗り越えられないかも?」と感じるレベルのハードルを見ただけで、早々と「無理!」という結論を出してしまうのです。

子供の運動神経には、パパやママの能力に繋がる遺伝的な要素もあるかもしれません。

しかし普通の人と比べて少なめの運動神経や能力をカバーするのは、何事に対しても楽しめる気持ちでいること、ということを知っておいた方が良いと言えるでしょう。

方法① 運動の楽しさを教える

幼い頃の運動は、特別な競技ではなく遊びの中で「楽しみ」を教えてあげることから始まります。

テレビや音楽に合わせて踊ったり、公園で猛ダッシュしたり…というのも、十分すぎる運動です。

コツを要する競技やスポーツができない幼少期は、「体を動かす楽しみを感じること」が十分過ぎる運動となりますので、天気の良い日は親子で一緒に運動公園などに行ってみると良いでしょう。

子供の頃から体を動かす楽しみが大好きな子供たちは「どうしたら心身がリフレッシュできるか?」というのを体感と通して知ることができるため、大きくなってからも自ら進んで運動系の部活に入る傾向も高いと言われています。

方法② 友達の真似をさせてみる

鉄棒などができるようになるスキルは、兄弟や友達の真似をすることからスタートします。

友達が楽しそうに鉄棒に掴まっていれば、「自分もあんな風にやってみたい!」という想いからその動作を真似るようになるのです。

特に兄弟姉妹のいる子供たちは、周囲の真似をすることでどんどん運動神経を伸ばしていきますので、家族みんなで運動場などに行く機会を増やしてみても良いでしょう。

また一人っ子の場合は「真似をする相手」に恵まれない傾向がありますので、地域の公園や幼稚園の園庭開放などに出掛けて、真似ができる同年代の子供と触れ合う機会をたくさん与えた方が良さそうです。

方法③ いろんな運動を体験させる

運動能力の発展途上である幼少期は、「世の中にどんな運動があるのか?」ということを知りません。

そんな子供たちの運動能力をアップさせるためには、「こんな運動もあるんだよ?」と周囲が教えてあげることも大事な策となります。

また興味を持てるように「楽しさを教えてあげること」も重要ですので、パパや兄弟が運動をしているシーンを見せながら、「自分もやってみたい!」と言える環境を与えることもおすすめです。

方法④ 得意なものを見つけてあげる

自分の子供に合った遊具やスポーツ種目を選んであげると、スムーズに楽しいことに夢中になれるようになります。

また「得意なこと」や「楽しいこと」が増えることでスポーツ全般にポジティブなイメージを抱けるようになりますので、得意分野が多い方が運動能力もアップしやすいのです。

子供の適性を判断するのも親の大事な務めとなりますので、一緒に行う運動を通して得意・不得意を見つけてあげるようにしてください。

運動が好きな子供は健康でもある

運動が大好きで積極的に外に出る習慣のある子供は、メタボリックシンドロームなどにもなりにくい傾向があります。

また毎日元気に動きまわることで頭の血行も良くなるため、結果として脳の回転の良い賢い子供になるとも言われているのです。

現在社会問題化している子供のメタボリックシンドロームや生活習慣病は、運動能力の低下と深く関係していますので、幼い頃から運動を楽しむ習慣を通してお子さんを健康に育ててあげてください。

子供に運動を教える際の注意点とは?

子供に運動を教える際には、「他の子供と比較しないこと」を心掛けてください。

「あの子はあんなにできるのに?」と比べてしまうと、自己肯定感が低下してしまい、結果としてスポーツに対してネガティブなイメージを抱くようになるのです。

このようなトラブルを回避するためにも、自分の子供の能力だけに目を向けて、特性や個性を伸ばすのが理想と言えるでしょう。

0歳から始める日本初の幼児教育はコチラ

役に立った/参考になったと思ったら共有をお願いします^^

フォローはこちら 役立つ情報配信がんばります。ぜひお願いいたします。

関連記事

7dbc8ad95ac1167776754ce340377720_s

2015.12.24

帰省先でもぐっすり!赤ちゃんがよく眠る入眠儀式とは?

入眠儀式で赤ちゃんの眠りに関する悩みを解消! なかなか眠らない赤ちゃんを穏 … 続きを読む

SIDSで突然死も!?赤ちゃんに厚着をさせない方が良い理由とは?

2015.11.10

SIDSで突然死も!?赤ちゃんに厚着をさせない方が良い理由とは?

健康のためにも赤ちゃんに厚着をさせないで! 心配事の多いママは「赤ちゃんに … 続きを読む

asian baby and mother relaxing

2016.5.21

発達障害?サイレントベビー?泣かない新生児が増えている

ママを心配にさせる「泣かない赤ちゃん」とは? お友達の子供と比べて明らかに … 続きを読む

Dollarphotoclub_80968901

2016.5.27

子連れ出勤によって得られるメリット・デメリット

子連れ出勤ができる会社が日本でも増えてきた 「子供のいるママの働き方を応援 … 続きを読む

img015

2016.2.24

パパのメタボも改善!子どもの運動神経や体力をアップさせる3分遊びとは?

パパとの遊びが運動神経を伸ばす! 仕事が忙しく、ゆっくり子どもと外に出る余 … 続きを読む

pixta_6481418_S

2015.10.26

絶対にジャストサイズ!?ベビー服のサイズ選びのコツとは?

誰もが悩む!ベビー服のサイズ選びのポイント! どんどん成長していく子どものベビ … 続きを読む

mofuku

2016.5.30

葬式や法事に何を着せれば良い?意外と知られていない子供服マナーガイド

子供の場合は葬儀に着用できる服装が違う 大人と比べて正装をする機会の少ない … 続きを読む

Fotolia_59224947_S

2015.12.24

知識より考え方!ネット世代の教育や学習法は何が違うの?

インターネットが学習や教育、記憶を変える! インターネットやスマートフォン … 続きを読む

467fd88ade7a5ef2b3a26c4d97ff1fb6_s

2015.12.24

赤ちゃんのお祝い行事!年間スケジュール まとめ

赤ちゃんのお祝い行事は1年に5回もある! 赤ちゃんが生まれたばかりの年には … 続きを読む

img014

2016.2.23

ガミガミ言わなくても子どもが自主的に勉強をするようになる方法

子どもが勝手に勉強してくれる方法は意外とたくさんある! 子育てに関する掲示 … 続きを読む

アクセスランキング

  1. pixta_7613375_M
    ネットで話題!子どもが解けるのに大人が解けない算数の問題 4選
  2. joji
    不器用ママでも大丈夫!初心者向けの女児服の作り方 7選
  3. pixta_6006968_S
    言葉かけでご飯を食べる!3~4歳児に食事のヤル気を促す方法とは?
  4. img011
    子どもが怪我をさせたときに生じる親の責任と行動 まとめ
  5. c7148f3dfc14a4b66a6f348bf6fb0094_s
    子供が指しゃぶりをする理由はママへの意外なサインが隠れていた

記事一覧

カテゴリー