お役立ちコンテンツ

幼児教育なら幼児教室のギフト教育ラボTOP >  幼児教育コラム > 子育て > 赤ちゃんのしゃっくりを止める対処法 5選

赤ちゃんのしゃっくりを止める対処法 5選

2016.3.16

lgf01a201402051600

赤ちゃんのしゃっくりにも対処法がある!

大人と比べてしゃっくりを起こしやすい赤ちゃんに対して、「自分の授乳法が悪いのだろうか?」とか「ウチの子は病気なのだろうか?」と不安になってしまうお母さんも少なくありません。

でも実際は、赤ちゃんのしゃっくりは胎児の頃から始まっているため、基本的には「対処法さえわかれば、問題視する必要がないもの」と言えるのです。

今回はそんな赤ちゃんのしゃっくりのメカニズムや対処法について、詳しく解説していきます。

しゃっくりはなぜ起こるの?

しゃっくりという現象を簡単に説明すると、「横隔膜の発作」と言えます。

赤ちゃんに生じることもある「横隔膜刺激しゃっくり」は、何らかの刺激によって生じる生理現象とも考えられています。

これに対して大人の場合は、脳腫瘍やアルコール中毒などの病気の可能性のある「中枢性しゃっくり」や「末梢性しゃっくり」といった種類もありますので、基本的に赤ちゃんのしゃっくりは病気の可能性が低いと言えそうです。

胎児だってしゃっくりをしている!

ママのお腹の中にいる胎児も、妊娠5ヶ月ぐらいからしゃっくりを始めます。

赤ちゃんのしゃっくりは「ピクッピクッ」という胎動と全く異なる動きをすることで知られていますので、じっくり観察することで「今、しゃっくりをしている!」と実感できます。

胎児のしゃっくりについては未だ解明されていない部分が多いようですが、羊水の中に混じっていたゴミや異物を吐き出す際にしゃっくりをするのが一般的のようです。

また中には、「お腹の外に出た時にスムーズに呼吸をするための筋トレをしている」といった説もありますので、胎児が行うしゃっくりは「元気に行きている証」と捉えて良いでしょう。

どうして赤ちゃんはしゃっくりが多いの?

横隔膜が未熟な赤ちゃんは、しゃっくりを起こしやすい体質です。

赤ちゃんがしゃっくりを起こす原因は大きく分けて、下記の2つと言われています。

・母乳を飲むことで消化器官の動きが活発になり、それが横隔膜への刺激に繋がる
・おむつが濡れることで体温低下が起こり、その結果として横隔膜に変調が生じる

赤ちゃんのしゃっくりを止める方法!

赤ちゃんのしゃっくりを止める方法は、非常に簡単です。

《少し様子をみる》
ミルクや母乳を飲んでいる最中に生じたしゃっくりは、「一気に水分が体内に入ることで消化器官がびっくりしている状態」かもしれません。特に体を横にした状態でミルクを与えていると、シンプルな構造の赤ちゃんの体内では水分の逆流が生じてしまいますので、注意が必要です。この場合は、ミルクを与えることをやめた上で赤ちゃんを抱っこして、しばらく様子を見てあげると良いでしょう。

《温めのミルクや白湯を飲ませる》
温めのミルクや白湯を流し入れてあげると、過敏になっていた消化器官が副交感神経優位にシフトします。横隔膜の過敏状態は体の冷えによって生じることもありますので、体の中から温めるという意味でもミルクや白湯を飲ませることは効果的と言えるのです。

《体を温める》
横隔膜の過敏状態を抑えるためには、全身を温めてあげることも大事なことです。特に赤ちゃんのしゃっくりは、公園で遊んだ後や冷たい飲み物を摂取した後の「体が冷えたタイミング」で生じる傾向が高いと言われていますので、しゃっくりを冷えのサインと捉えて対処をしてあげることもおすすめと言えるでしょう。

《おむつを交換する》
長時間おむつ交換をされていない赤ちゃんの体は、お尻から少しずつ冷えていくものです。横隔膜とお尻には直接的な関係はありませんが、冷えが交感神経を優位にすると考えれば、頻発するしゃっくりを抑えるためにおむつ交換をすることは有効と言えるのです。

《授乳後のゲップも忘れずに》
授乳後に必ずゲップをさせる習慣をつけると、消化器官の負担が少なくなってしゃっくりを起こしにくくなります。またゲップ待ちの際に背中をトントンと叩いてあげると、赤ちゃん自身がリラックスすることで横隔膜の過敏状態が緩和しますので、なるべく授乳タイムをゆっくり設けてゲップをきちんとだしてあげるようにしてください。

あまりにもしゃっくりが止まらない場合は?

赤ちゃんのしゃっくりの中には、薬の副作用や逆流性食道炎といった病気の原因が隠されていることもあるようです。

この場合のしゃっくりは普段とは明らかに違う高頻度で出てくる傾向がありますので、普段のケアで止まらない場合は、早めにかかりつけ医に診てもらうのが理想と言えるでしょう。

0歳から始める日本初の幼児教育はコチラ

役に立った/参考になったと思ったら共有をお願いします^^

フォローはこちら 役立つ情報配信がんばります。ぜひお願いいたします。

関連記事

img016

2016.5.29

子供の肥満を普段の生活から改善するコツ 6選

子供の肥満が社会問題になっている 国が初めて調査を始めた頃と比べて、2~3 … 続きを読む

Dollarphotoclub_91605780

2015.9.23

ママ!風邪をひかないで!真冬の授乳のコツと便利グッズをご紹介

真冬の授乳が想像以上に大変!? おっぱいをポロッと出す真冬の授乳は、多くのママ … 続きを読む

OKする若い女性

2015.12.24

ワーキングママ必見!保育園の延長保育の仕組みを徹底解説!

延長保育の需要が高まっている! 核家族や女性の社会活躍の急増によって、「保 … 続きを読む

ec2b7bc99552633a9b99e2a7ce92f07e_s

2015.12.24

親戚から未就学児にお年玉をあげる際の相場とは?

意外と知らないお年玉の相場と常識! 親族のお正月には欠かせないお年玉ですが … 続きを読む

mofuku

2016.5.30

葬式や法事に何を着せれば良い?意外と知られていない子供服マナーガイド

子供の場合は葬儀に着用できる服装が違う 大人と比べて正装をする機会の少ない … 続きを読む

tsukamaridachi

2016.4.15

赤ちゃんを危険から守る!人気の事故防止グッズ 7選

事故防止グッズがママのストレスを減らしてくれる 好奇心によってママも想像で … 続きを読む

otetsudai

2016.5.1

お手伝いも捗る!子供のための踏み台選び

踏み台の活用が子供とママに好循環をもたらす まだ身長の低い子供たちに積極性 … 続きを読む

83f844f099c446d4914326d380cba412_s

2015.12.24

衝撃事実!早期英語教育にはメリットとデメリットがある!

英語教育の重要性が注目される時代です! 異文化交流が活発となっている今の時代は … 続きを読む

0bc436acd2a0d4645ab19ec8e0461c97_s

2015.12.24

甘えも大事!一人っ子育児の意外な注意点!

コツさえわかれば一人っ子育児も難しくない! 「ワガママ」というイメージが強 … 続きを読む

NGなあげ方が子どもをダメにする!?お小遣いのルールを徹底解説

2015.11.10

NGなあげ方が子どもをダメにする!?お小遣いのルールを徹底解説

意外と知らない!?お小遣いのルール! 子どもたちの金銭感覚を育むお小遣いは … 続きを読む

アクセスランキング

  1. pixta_7613375_M
    ネットで話題!子どもが解けるのに大人が解けない算数の問題 4選
  2. joji
    不器用ママでも大丈夫!初心者向けの女児服の作り方 7選
  3. c7148f3dfc14a4b66a6f348bf6fb0094_s
    子供が指しゃぶりをする理由はママへの意外なサインが隠れていた
  4. img011
    子どもが怪我をさせたときに生じる親の責任と行動 まとめ
  5. pixta_6006968_S
    言葉かけでご飯を食べる!3~4歳児に食事のヤル気を促す方法とは?

記事一覧

カテゴリー