お役立ちコンテンツ

幼児教育なら幼児教室のギフト教育ラボTOP >  幼児教育コラム > 子育て > 赤ちゃんのおしゃぶりに隠された意外なメリットとデメリット

赤ちゃんのおしゃぶりに隠された意外なメリットとデメリット

2016.3.30

lgf01a201408101300

おしゃぶりの必要性に悩むママが増えている!

出産祝いでおしゃぶりをもらったママの中には、「我が子におしゃぶりを使って良いのだろうか?」と悩む方々も多く見受けられます。

特に乳幼児に関するさまざまな研究が行われている近年では、おしゃぶりのメリットやデメリットを取り上げる専門家が増えてきていますので、彼らの意見や情報をきちんと収集した上で「我が子に使うべきか?」の判断をしたほうが良いと言えるでしょう。

今回は赤ちゃんとおしゃぶりに関するメリット・デメリットを中心に、最新の研究データなどを紹介していきます。

おしゃぶりのメリット1 きちんと洗えば衛生的

赤ちゃんにおしゃぶりを加えさせる最大のメリットは、「指しゃぶりが改善する」ということです。

きれいに洗ったおしゃぶりを使っている赤ちゃんは、何でも触れて雑菌まみれ担っている自分の指しゃぶりをしなくなります。

特にハイハイを始めた赤ちゃんの手指には床の埃や雑菌がたくさん付着した状態となっていますので、衛生的なおしゃぶりを活用して「菌を口に入れない策」を講じてあげると良いでしょう。

新米ママの中には「おしゃぶり自体に雑菌が繁殖しないのだろうか?」と不安になる人も多いようですが、煮沸消毒や抗菌洗剤を使って洗浄をしていれば、赤ちゃんの指よりも遥かに衛生的なアイテムになります。

おしゃぶりのメリット2 子育てが楽になる

おしゃぶりを口に入れた赤ちゃんは、イライラが解消したり、寝付きがよくなるといった心の安定効果を得られます。

またすぐにミルクを与えてあげられない外出先では、手軽に使えるおしゃぶりが高い効力を発揮しますので、赤ちゃんの気持ちを穏やかにするアイテムとして持ち歩いてみても良さそうです。

おしゃぶりのメリット3 SIDSの予防効果もある

さまざまな研究が進んでいる近年では、おしゃぶりと乳幼児突然死症候群(SIDS)のリスク軽減に関する報告が増えています。

詳しいメカニズムは不明ですが、就寝時や昼寝の際におしゃぶりをくわえている赤ちゃんは、SIDSになる確率が低いことが研究によってわかるようになりました。

睡眠中におしゃぶりが口から落下してしまっても、SIDSのリスク軽減には十分役立っていると言われていますので、病気の予防効果を求めて購入を検討するママも急増しています。

おしゃぶりのメリット4 鼻呼吸ができるようになる

ヨーロッパの国々では、鼻呼吸のトレーニング用として4歳ぐらいまでおしゃぶりが使われています。

口呼吸をしている子供たちは唾液の量が少ない特徴があるため、結果として口内環境の悪化や虫歯になりやすくなると考えられています。

これに対して幼い頃からおしゃぶりを使って鼻呼吸をしていると、アレルギー性鼻炎や花粉症、喘息といった耳鼻科系疾患になりにくくなるという研究結果もありますので、子供の将来的な健康を考えると、「早めに口呼吸から鼻呼吸にシフトすべき」と言えそうです。

おしゃぶりにもデメリットがある!

メリットが非常に多いおしゃぶりにも、歯科医が問題視するデメリットが存在します。

《歯並びが悪くなる》
2歳半~3歳を過ぎてもおしゃぶりを使い続けている子供は、顎の発達や噛み合わせに影響が出やすいというリスクがあると言われています。歯科医が解説しているブログなどを見ていると、「言葉や発音を習得する1歳過ぎになったら、おしゃぶりの常時使用はやめたほうが良い」といった意見が多く見受けられますので、「おしゃぶりに依存しすぎないこと」も大事であると言えそうです。

《ママとのコミュニケーションが減ることもある》
赤ちゃんが泣く度におしゃぶりをくわえさせていると、生理的欲求などの訴えをパパやママが受け取りにくくなります。また幼い頃にママとの触れ合いが少ない子供は、おしゃぶりを使う時期が過ぎても指しゃぶりをする傾向もあるため、根本的な問題を解決するためにはママの愛情やコミュニケーションが欠かせないという意見もあるのです。

まとめ

賛否両論があるおしゃぶりの使用ですが、「依存し過ぎないこと」と「遅くても2歳半ぐらいまでに使用中止すること」を守られるのであれば、赤ちゃんへのメリットも高いアイテムと位置づけて良さそうです。

近年では可愛らいいデザインや鼻呼吸専用といった特殊なおしゃぶりも増えていますので、インターネット通販などを利用して我が子にピッタリの商品を見つけてみてください。

0歳から始める日本初の幼児教育はコチラ

役に立った/参考になったと思ったら共有をお願いします^^

フォローはこちら 役立つ情報配信がんばります。ぜひお願いいたします。

関連記事

33db49181fb570642fafa3b010c3c9c6_s

2016.4.17

熱は出ている?子供の口内炎の原因と対処法ガイド

乳幼児は口内炎になりやすい 肌や粘膜がデリケートな赤ちゃんは、「口内炎+α … 続きを読む

otetsudai

2016.5.1

お手伝いも捗る!子供のための踏み台選び

踏み台の活用が子供とママに好循環をもたらす まだ身長の低い子供たちに積極性 … 続きを読む

gahag-0054110973-1

2016.2.26

小学校に入った子どもの苦労をサポートする親の姿勢とは?

小学校入学で親の心配が増える!? 小学校入学時期になると、子どもの成長によ … 続きを読む

pixta_8918695_M

2015.9.23

幼児教育に最適!買って良かったおもちゃランキング

第1位 ピタゴラス ピタゴラスは、1歳から遊べる人気ナンバーワンの知育玩具です … 続きを読む

pixta_12829197_M

2015.10.26

母乳が関係している!?新生児の体重が増えない理由とは?

赤ちゃんの体重増加の特徴を知りましょう! 生まれたばかりの赤ちゃんを育てるママ … 続きを読む

83f844f099c446d4914326d380cba412_s

2015.12.24

衝撃事実!早期英語教育にはメリットとデメリットがある!

英語教育の重要性が注目される時代です! 異文化交流が活発となっている今の時代は … 続きを読む

pixta_9164033_M

2015.10.5

文部科学省も注目!家庭教育支援の重要性とは?

文部科学省も注目!家庭教育支援とは? 文部科学省でもさまざまな取り組みを行って … 続きを読む

dcdfabdb0ee6c2111b00408208fdfd4e_s

2015.12.24

玩具の手作りもできる!知育に適した日本のお正月遊び 7選

伝統遊戯で日本の子供らしいお正月を! 和の風情を堪能できる正月は、日本の良 … 続きを読む

Dollarphotoclub_80968901

2016.5.27

子連れ出勤によって得られるメリット・デメリット

子連れ出勤ができる会社が日本でも増えてきた 「子供のいるママの働き方を応援 … 続きを読む

img011

2016.2.20

子どもが怪我をさせたときに生じる親の責任と行動 まとめ

子どもが怪我をした時、させた時に冷静に対処をするために! 子ども同士で遊ん … 続きを読む

アクセスランキング

  1. pixta_7613375_M
    ネットで話題!子どもが解けるのに大人が解けない算数の問題 4選
  2. joji
    不器用ママでも大丈夫!初心者向けの女児服の作り方 7選
  3. c7148f3dfc14a4b66a6f348bf6fb0094_s
    子供が指しゃぶりをする理由はママへの意外なサインが隠れていた
  4. img011
    子どもが怪我をさせたときに生じる親の責任と行動 まとめ
  5. pixta_6006968_S
    言葉かけでご飯を食べる!3~4歳児に食事のヤル気を促す方法とは?

記事一覧

カテゴリー