お役立ちコンテンツ

幼児教育なら幼児教室のギフト教育ラボTOP >  幼児教育コラム > 子育て > 幼児の言語能力アップ!親の「話しかけ」が発達に繋がる理由とは?

幼児の言語能力アップ!親の「話しかけ」が発達に繋がる理由とは?

2015.9.23

pixta_6481418_S

言語能力の発達に繋がる!幼児にはたくさん話しかけて!

米スタンフォード大学の研究により、「親が幼児に話しかける回数が多いほど、子どもの言語能力が発達する」ということが明らかになりました。

この研究では、親と幼児の間の会話を1日10時間記録することで、「親やテレビ、ラジオなどから得られる言葉の回数」を計測しています。

その結果わかったのは、「各親によって話し掛けによって使われる単語の数が大きく異なる」ということです。

とてもたくさん話し掛けているパパやママの場合は、「1時間あたり1,200語もの単語」を使っています。

これに対して仕事や家事が忙しくなかなか幼児を構ってあげられない家庭の場合は、「1時間あたりたったの67語」と少ない単語数になってしまうのです。

このような計測結果から分析すると、「親から直接話し掛けられた回数」と「子どもの言語能力の高さ」が大きく関係していることがわかりました。

また親以外の人(祖父母や兄弟、ベビーシッターなど)やテレビやラジオから流れた言葉の回数は、子どもの言語能力の発達と深い関係性がないということも判明しているため、「幼児の語彙力を高めるには、親の話し掛けが重要である」と断言できそうです。

 

生まれてからの5年間で言語能力が急成長する!

生まれてから5年間の子どもは、コミュニケーション能力と言語能力が大きく成長していきます。

誕生直後の赤ちゃんは、目の視線と泣き声を使ってパパやママとのコミュニケーションを図ります。

この時期の赤ちゃんに対して「まだコミュニケーションができていない」と捉える親御さんも多い傾向がありますが、実際は目線や泣き声を多用した交流が、今後のコミュニケーションの基礎となるのです。

生後半年を過ぎると、声などを使って意識的にコミュニケーションを行うようになり、この時期の経験や自信が1歳半以降の言語能力の成長に繋がるのです。

このような流れから考えても、出生から乳幼児期までに行うパパやママとのコミュニケーションが、将来的なお子さんの言語能力に繋がることも納得できると言えるでしょう。

 

驚愕!赤ちゃんはこんなに多くの単語を知っている!

生後18か月を過ぎた赤ちゃんは、5~20の言葉が話せるようになります。

赤ちゃんが2歳を過ぎると、150~300もの単語を覚えられるようになるため、乳幼児期に「どのぐらい親から話し掛けられたか?」というポイントがこの時期に影響してくると考えて良いでしょう。

パパやママとのコミュニケーションが多い赤ちゃんは、2~3歳という短期間で1,000以上もの単語を覚えられるようになります。

 

話しかけを行う環境も重要です!

赤ちゃんに話し掛けを行う際には、なるべく「心地好く、静かな環境」を作ってあげるようにしてください。

義父母や兄弟が喧嘩をしているような環境では、赤ちゃんの安心感が損なわれてしまうため、「ママとのコミュニケーションに集中できない状態」が生じてしまいます。

またテレビやラジオなどの音が大きすぎても、「ママの声がちゃんと届かない」という状態となりますので、なるべく静かな環境を作ってあげることが子どもの言語能力アップに繋がると言えそうです。

赤ちゃんの気持ちが穏やかになるようなオルゴールやリラクゼーション音楽などは、親子のコミュニケーションにリラックスを与えてくれるため、なるべく活用すべき存在です。

近頃ではスマホにもリラクゼーション用の音楽アプリがありますので、ぜひ赤ちゃんのお気に入りの音を見つけてあげてください。

 

言葉の発達が早いと感情のコントロールも上手くなる!

ペンシルバニア州立大学の研究では、「言葉を覚えるのが早い子の方が、感情や怒りのコントロールが上手い」ということがわかっています。

お喋りやコミュニケーションの手段として考えられがちな言語能力ですが、実際は「自分の心を的確に表現する」という意味でも感情のコントロールに役立っているのです。

言語能力の低い子どもは、成人してからもいじめやヒキコモリなどの問題に遭遇しやすくなりますので、幼児期の内に言語やコミュニケーション力を成長させ、「上手に気持ちを表現できる人間に育てること」も必要だと言えそうです。

 

どうやって話し掛けるのが理想なの?

幼児と接する時には、優しく、自然と、ゆっくりがポイントとなります。

子どもの単語力は自然と身に付くものとなりますので、無理に「言葉を教える」ということはしないようにしてください。

ママとのコミュニケーションを通して出てきた言葉が、自然な形でお子さんの言語能力となっていきます。

 

まとめ

パパやママの「話し掛け」によって得られる言語能力は、幼児教育に繋がる大事ことだと言えそうです。

話し掛けが上手にできないママには、「読み聞かせ」という遊びもおすすめとなりますので、お気に入りの絵本を購入して親子の楽しい時間を作るようにしてください。

0歳から始める日本初の幼児教育はコチラ

役に立った/参考になったと思ったら共有をお願いします^^

フォローはこちら 役立つ情報配信がんばります。ぜひお願いいたします。

関連記事

OKする若い女性

2016.4.28

マンション暮らしでも大丈夫!子供の抜けた歯の処理方法ガイド

さまざまな説のある抜けた乳歯の扱い方 5~6歳ぐらいから歯の生え変わりが始 … 続きを読む

img014

2016.2.23

ガミガミ言わなくても子どもが自主的に勉強をするようになる方法

子どもが勝手に勉強してくれる方法は意外とたくさんある! 子育てに関する掲示 … 続きを読む

4c977c3a9b299c3e5f7eaf0bf513766f_s

2016.5.5

2歳半までの虫歯予防が将来の虫歯を少なくするって本当ですか?

2歳半までの頑張りが子供の虫歯体質を回避する ママたちが毎日一生懸命お子さ … 続きを読む

pixta_11042114_S

2015.9.23

食事のマナーを幼児期からしつける理由とは?

食事マナーはなぜ必要なの? 食事を行う際のマナーは、幼少期からしつけることが理 … 続きを読む

img009

2016.2.17

個性を楽しもう!育児や妊娠における男の子と女の子の違い

男の子と女の子はこんなに違う! 第一子と第二子で異なる性別の赤ちゃんを産ん … 続きを読む

kise

2016.3.15

ママを悩ます赤ちゃんの奇声の原因と対処法 まとめ

赤ちゃんの奇声に困っていませんか? 赤ちゃんが突然発する奇声の中には、一緒 … 続きを読む

gaikokuboy

2015.11.11

おしゃれなママ必見!ハイセンスな男の子服ブランド 7選

男の子だってお洒落ができる!話題のブランドをご紹介! ついつい地味なファッショ … 続きを読む

pixta_4289809_S

2015.9.23

子どもと一緒に楽しむ!幼児向けおすすめアプリ7選!

タッチ!あそベビー 色や音、形などの変化大変を通して、「感覚」を育むことのでき … 続きを読む

akachan

2016.3.1

赤ちゃんの乳吐きの原因とママが行うべき対象法

突然起こる乳吐きの原因と対処法を把握しましょう! 母乳を飲んでいる最中に突 … 続きを読む

img012

2016.2.21

ケガの症状やケース別!家庭でできる簡単な手当の方法

覚えておこう!子どものケガの対処方法! 元気いっぱい、無我夢中で遊びまわる … 続きを読む

アクセスランキング

  1. pixta_7613375_M
    ネットで話題!子どもが解けるのに大人が解けない算数の問題 4選
  2. joji
    不器用ママでも大丈夫!初心者向けの女児服の作り方 7選
  3. c7148f3dfc14a4b66a6f348bf6fb0094_s
    子供が指しゃぶりをする理由はママへの意外なサインが隠れていた
  4. img011
    子どもが怪我をさせたときに生じる親の責任と行動 まとめ
  5. pixta_6006968_S
    言葉かけでご飯を食べる!3~4歳児に食事のヤル気を促す方法とは?

記事一覧

カテゴリー