お役立ちコンテンツ

幼児教育なら幼児教室のギフト教育ラボTOP >  幼児教育コラム > 子育て > 毎日続く子供の歯ぎしり!原因がストレスではないって本当ですか?

毎日続く子供の歯ぎしり!原因がストレスではないって本当ですか?

2016.4.12

sleep

歯ぎしりはママを不安にさせる存在?

夜中にギシギシと音を立てる子供の歯ぎしりは、傍で寝ているママを不安にさせる存在だと言われています。

特にスマートフォンを使って歯ぎしりについて調べているママ達は、「ストレスによって歯ぎしりが出ているのではないか?」と思い込むことも多いようです。

今回は意外と実態が知られていない子供の歯ぎしりについて、そのメカニズムやママが行うべき対処法を紹介していきます。

2~4歳で生じる歯ぎしりの原因とは?

2~4歳ぐらいの歯ぎしりは、「新しく生えてきた乳歯が気になるから」という理由で生じることが多いと言われています。

特に神経質な子供は、一番奥の乳臼歯の段差や噛み合わせが気になるため、無意識のうちに歯ぎしりをしてしまうのです。

この時期の歯ぎしりはかなり高確率で生じる現象と言われていますので、まずは子供をリラックスさせて様子を見るのが理想と言えるでしょう。

4~10歳児の歯ぎしりも自然なもの

4~10歳児に生じる歯ぎしりは、新しく生えてきた永久歯と乳歯が混在している状態が気になり、噛み合わせを自分で調整する現象だと言われています。

歯ぎしりによる噛み合わせの調整は、永久歯の本数が増えることで少しずつ解消するのが一般的ですので、小学校低学年~中学年がメインの現象だと考えて、様子を見るのが理想と言えるでしょう。

永久歯が完全に生え揃い、10歳をすぎても歯ぎしりが治まらない場合は、歯や顎に負担がかかる状態を回避するために、かかりつけの歯医者さんに早めに相談をすべきと言えそうです。

赤ちゃんの歯ぎしりは顎のトレーニング

何でも口に入れたがる赤ちゃんたちは、歯ぎしりなどを行うことで顎のトレーニングをしているとも言われています。

特におしゃぶりなどの「噛めるアイテム」が周囲にない赤ちゃんは、歯ぎしりをして顎を鍛える傾向があるようです。

床に落ちている玩具を口に運ぶ行動は衛生面で問題があるかもしれませんが、「噛む」とか「顎を動かす」ということを繰り返すと脳の発達が促される効能が得られますので、何かひとつ「安全に噛めるアイテム」をお子さんに与えてみても良いと言えるでしょう。

歯ぎしりする子供には特有の生活習慣がある

歯ぎしりをする子供たちを分析していると、下記の生活習慣が当てはまるケースが多いと言われています。

《口呼吸をしている》
アレルギー性鼻炎や花粉症などによって常に鼻詰まりを起こしている子供たちは、口呼吸によって噛み合わせや顎のバランスが崩れる傾向があります。また口呼吸には空気中のウイルスを体内に取り込みやすい難点がありますので、歯ぎしりをするお子さんが口呼吸もしているなら、早めに改善させた方が良いと言えるでしょう。耳鼻科で鼻炎の治療をすると、勉強やスポーツへの集中力も高まります。

《姿勢が悪い》
勉強や食事中に頬杖をついていたり、猫背の子供たちは、姿勢の悪さによって顎のバランスや噛み合わせが悪くなる傾向が高いと言われています。悪い姿勢を放置しておくと、肩こりや頭痛といった症状がでてきますので、「歯ぎしり+姿勢の悪さ」が気になる場合は、口呼吸同様に早めの改善をしておくべきと言えるでしょう。

急な歯ぎしりにはストレスが隠れているかも

これまで紹介したように、歯ぎしりが発生するのは「乳歯や永久歯が生えるタイミング」が一般的です。

歯がそれなりに生え揃っていて、歯ぎしりをする理由が見つからないのに症状が出る場合は、ストレスという原因が考えられるかもしれません。

特に11歳をすぎて「ある日突然歯ぎしりを始めた」という場合は、「歯や噛み合わせ」以外の理由があるとも考えられますので、学校生活などに不安や悩みがないかを確認することをおすすめします。

歯ぎしりを改善するためにできること

歯ぎしりの予防や改善には「よく噛む食生活をさせること」と「積極的な運動によってリラックスさせること」がおすすめです。

毎日の食生活を通してきちんと噛む習慣のある子供たちは、顎の発達や噛み合わせによるトラブルが生じにくい傾向があります。

また外遊びや運動を積極的に行わせると、精神的ストレスの発散や「噛み合わせの悪い歯から意識がそれる」といったメリットが得られますので、家庭でできる歯ぎしり対策として実践してみると良いでしょう。

歯科医院ではマウスピースや歯科矯正といった治療法も用意していますので、あまりにも症状が改善しない場合は、歯並びや顎の形が悪くならないうちに相談するのが理想と言えそうです。

0歳から始める日本初の幼児教育はコチラ

役に立った/参考になったと思ったら共有をお願いします^^

フォローはこちら 役立つ情報配信がんばります。ぜひお願いいたします。

関連記事

夜泣きも解消!赤ちゃんが安らかに眠れる音楽アプリ 6選

2015.11.10

夜泣きも解消!赤ちゃんが安らかに眠れる音楽アプリ 6選

子どもの眠りを誘う音楽アプリを活用しよう! 不安やストレスによって泣いている赤 … 続きを読む

大人用ボディーソープはNG!赤ちゃんの入浴に良いベビーソープとは?

2015.11.11

大人用ボディーソープはNG!赤ちゃんの入浴に良いベビーソープとは?

赤ちゃんの入浴にベビーソープを活用しよう! デリケートな肌を持つ赤ちゃんの … 続きを読む

asian baby and mother relaxing

2016.5.21

発達障害?サイレントベビー?泣かない新生児が増えている

ママを心配にさせる「泣かない赤ちゃん」とは? お友達の子供と比べて明らかに … 続きを読む

img003

2016.2.11

デザインより安全性!紐にまつわる乳幼児の事故を予防しよう

子どもの「紐」に関する事故が急増している! ファッション性を高める理由で「 … 続きを読む

pixta_11042114_S

2015.9.23

食事のマナーを幼児期からしつける理由とは?

食事マナーはなぜ必要なの? 食事を行う際のマナーは、幼少期からしつけることが理 … 続きを読む

pixta_1187519_L

2015.9.23

読み聞かせで脳と心が育つ!ファーストブックにおすすめの絵本 5選

読み聞かせを行うメリットとは? 赤ちゃんにとっても読み聞かせは、「お母さんの声 … 続きを読む

SIDSで突然死も!?赤ちゃんに厚着をさせない方が良い理由とは?

2015.11.10

SIDSで突然死も!?赤ちゃんに厚着をさせない方が良い理由とは?

健康のためにも赤ちゃんに厚着をさせないで! 心配事の多いママは「赤ちゃんに … 続きを読む

0I9A351215032114onepoint_TP_V

2016.3.28

子供の留守番に潜むリスクと親の心構えとは?

「早くお留守番をさせたい!」と願う親が増えている! 片親世帯や、共働きの家 … 続きを読む

pixta_12829197_M

2015.10.26

母乳が関係している!?新生児の体重が増えない理由とは?

赤ちゃんの体重増加の特徴を知りましょう! 生まれたばかりの赤ちゃんを育てるママ … 続きを読む

img015

2016.2.24

パパのメタボも改善!子どもの運動神経や体力をアップさせる3分遊びとは?

パパとの遊びが運動神経を伸ばす! 仕事が忙しく、ゆっくり子どもと外に出る余 … 続きを読む

アクセスランキング

  1. pixta_7613375_M
    ネットで話題!子どもが解けるのに大人が解けない算数の問題 4選
  2. joji
    不器用ママでも大丈夫!初心者向けの女児服の作り方 7選
  3. c7148f3dfc14a4b66a6f348bf6fb0094_s
    子供が指しゃぶりをする理由はママへの意外なサインが隠れていた
  4. img011
    子どもが怪我をさせたときに生じる親の責任と行動 まとめ
  5. pixta_6006968_S
    言葉かけでご飯を食べる!3~4歳児に食事のヤル気を促す方法とは?

記事一覧

カテゴリー