お役立ちコンテンツ

幼児教育なら幼児教室のギフト教育ラボTOP >  幼児教育コラム > 子育て > 毎日続く子供の歯ぎしり!原因がストレスではないって本当ですか?

毎日続く子供の歯ぎしり!原因がストレスではないって本当ですか?

2016.4.12

sleep

歯ぎしりはママを不安にさせる存在?

夜中にギシギシと音を立てる子供の歯ぎしりは、傍で寝ているママを不安にさせる存在だと言われています。

特にスマートフォンを使って歯ぎしりについて調べているママ達は、「ストレスによって歯ぎしりが出ているのではないか?」と思い込むことも多いようです。

今回は意外と実態が知られていない子供の歯ぎしりについて、そのメカニズムやママが行うべき対処法を紹介していきます。

2~4歳で生じる歯ぎしりの原因とは?

2~4歳ぐらいの歯ぎしりは、「新しく生えてきた乳歯が気になるから」という理由で生じることが多いと言われています。

特に神経質な子供は、一番奥の乳臼歯の段差や噛み合わせが気になるため、無意識のうちに歯ぎしりをしてしまうのです。

この時期の歯ぎしりはかなり高確率で生じる現象と言われていますので、まずは子供をリラックスさせて様子を見るのが理想と言えるでしょう。

4~10歳児の歯ぎしりも自然なもの

4~10歳児に生じる歯ぎしりは、新しく生えてきた永久歯と乳歯が混在している状態が気になり、噛み合わせを自分で調整する現象だと言われています。

歯ぎしりによる噛み合わせの調整は、永久歯の本数が増えることで少しずつ解消するのが一般的ですので、小学校低学年~中学年がメインの現象だと考えて、様子を見るのが理想と言えるでしょう。

永久歯が完全に生え揃い、10歳をすぎても歯ぎしりが治まらない場合は、歯や顎に負担がかかる状態を回避するために、かかりつけの歯医者さんに早めに相談をすべきと言えそうです。

赤ちゃんの歯ぎしりは顎のトレーニング

何でも口に入れたがる赤ちゃんたちは、歯ぎしりなどを行うことで顎のトレーニングをしているとも言われています。

特におしゃぶりなどの「噛めるアイテム」が周囲にない赤ちゃんは、歯ぎしりをして顎を鍛える傾向があるようです。

床に落ちている玩具を口に運ぶ行動は衛生面で問題があるかもしれませんが、「噛む」とか「顎を動かす」ということを繰り返すと脳の発達が促される効能が得られますので、何かひとつ「安全に噛めるアイテム」をお子さんに与えてみても良いと言えるでしょう。

歯ぎしりする子供には特有の生活習慣がある

歯ぎしりをする子供たちを分析していると、下記の生活習慣が当てはまるケースが多いと言われています。

《口呼吸をしている》
アレルギー性鼻炎や花粉症などによって常に鼻詰まりを起こしている子供たちは、口呼吸によって噛み合わせや顎のバランスが崩れる傾向があります。また口呼吸には空気中のウイルスを体内に取り込みやすい難点がありますので、歯ぎしりをするお子さんが口呼吸もしているなら、早めに改善させた方が良いと言えるでしょう。耳鼻科で鼻炎の治療をすると、勉強やスポーツへの集中力も高まります。

《姿勢が悪い》
勉強や食事中に頬杖をついていたり、猫背の子供たちは、姿勢の悪さによって顎のバランスや噛み合わせが悪くなる傾向が高いと言われています。悪い姿勢を放置しておくと、肩こりや頭痛といった症状がでてきますので、「歯ぎしり+姿勢の悪さ」が気になる場合は、口呼吸同様に早めの改善をしておくべきと言えるでしょう。

急な歯ぎしりにはストレスが隠れているかも

これまで紹介したように、歯ぎしりが発生するのは「乳歯や永久歯が生えるタイミング」が一般的です。

歯がそれなりに生え揃っていて、歯ぎしりをする理由が見つからないのに症状が出る場合は、ストレスという原因が考えられるかもしれません。

特に11歳をすぎて「ある日突然歯ぎしりを始めた」という場合は、「歯や噛み合わせ」以外の理由があるとも考えられますので、学校生活などに不安や悩みがないかを確認することをおすすめします。

歯ぎしりを改善するためにできること

歯ぎしりの予防や改善には「よく噛む食生活をさせること」と「積極的な運動によってリラックスさせること」がおすすめです。

毎日の食生活を通してきちんと噛む習慣のある子供たちは、顎の発達や噛み合わせによるトラブルが生じにくい傾向があります。

また外遊びや運動を積極的に行わせると、精神的ストレスの発散や「噛み合わせの悪い歯から意識がそれる」といったメリットが得られますので、家庭でできる歯ぎしり対策として実践してみると良いでしょう。

歯科医院ではマウスピースや歯科矯正といった治療法も用意していますので、あまりにも症状が改善しない場合は、歯並びや顎の形が悪くならないうちに相談するのが理想と言えそうです。

0歳から始める日本初の幼児教育はコチラ

役に立った/参考になったと思ったら共有をお願いします^^

フォローはこちら 役立つ情報配信がんばります。ぜひお願いいたします。

関連記事

3acde36e0911e215c5679afc7e65502a_s

2016.3.17

子供の歯並びを治してくれる矯正治療の基礎知識

子供の歯並びが悪くなったら早めの矯正治療を! 子供の歯並びの悪さを放置して … 続きを読む

将来のことを考えて!子どもにお勧めの習い事 8選

2015.11.10

将来のことを考えて!子どもにお勧めの習い事 8選

将来に役立つ子どもの習い事とは? 子どもの習い事は、知識やスキルを身に付け … 続きを読む

Dollarphotoclub_78139816

2015.10.26

お守りにもなる!赤ちゃんの髪の毛で作る「誕生筆」とは?

誕生筆とは? 誕生筆とは赤ちゃんがママのお腹の中にいる頃から生えていた「胎毛」 … 続きを読む

d55d3e2fd1801c34a5dcf00b8c2bbb4a_s

2016.3.29

赤ちゃんが虫に刺された時にママがすべき対処法とは?

子供の虫刺されは非常に多い! 屋外で遊ぶことの多い子供たちは、大人と比べて … 続きを読む

otetsudai

2016.5.1

お手伝いも捗る!子供のための踏み台選び

踏み台の活用が子供とママに好循環をもたらす まだ身長の低い子供たちに積極性 … 続きを読む

kyuyo

2016.5.13

いくらまでアルバイトできる?子供の扶養控除の基礎知識

扶養控除とは? 条件に該当している親族を扶養している時に、所得から一定金額 … 続きを読む

pixta_6481418_S

2015.10.26

絶対にジャストサイズ!?ベビー服のサイズ選びのコツとは?

誰もが悩む!ベビー服のサイズ選びのポイント! どんどん成長していく子どものベビ … 続きを読む

gf01a201501270000

2016.3.19

子供にスマホを持たせる際に親が知っておくべきこと まとめ

子供にスマホを持たせる際に親がすべきことを学びましょう! 子育てママが抱え … 続きを読む

dc3784ec0b3cb91cf4c9d1fb0446e5f6_s

2015.12.24

運動能力にも影響大!子供の足トラブルを防ぐコツとは?

親子で行う「足育」が子供の足トラブル回避に繋がる! ゲームの普及や緑地の減 … 続きを読む

宿題代行は絶対にNG!子どもの自主性を育む親の宿題サポートとは?

2015.11.11

宿題代行は絶対にNG!子どもの自主性を育む親の宿題サポートとは?

その手伝い方はNG!親が行うべき宿題のサポートとは? 小学生が毎日持ち帰っ … 続きを読む

アクセスランキング

  1. pixta_7613375_M
    ネットで話題!子どもが解けるのに大人が解けない算数の問題 4選
  2. joji
    不器用ママでも大丈夫!初心者向けの女児服の作り方 7選
  3. c7148f3dfc14a4b66a6f348bf6fb0094_s
    子供が指しゃぶりをする理由はママへの意外なサインが隠れていた
  4. img011
    子どもが怪我をさせたときに生じる親の責任と行動 まとめ
  5. pixta_6006968_S
    言葉かけでご飯を食べる!3~4歳児に食事のヤル気を促す方法とは?

記事一覧

カテゴリー