お役立ちコンテンツ

幼児教育なら幼児教室のギフト教育ラボTOP >  幼児教育コラム > 子育て > 成長の証!口答えの多い中間反抗期の対策とは?

成長の証!口答えの多い中間反抗期の対策とは?

2015.12.24

71868996f9e343f843523e381f7d0c22_s

小学校2~3年生の口答えは中間反抗期かもしれない!

小学校2~3年生になると、多くの子供が口答えをするようになります。

初めての子育てをしているママの中には、「自分の子供に何か心的変化があったのではないか?」と心配になる方々もいるようですが、この時期の口答えには、「中間反抗期」と名称を付ける専門家もいるほどなのです。

今回は2~3年生の口答えに悩むママたちに、中間反抗期の特徴や対処法などをご紹介していきます。

中間反抗期とは?

小学校2~3年生に訪れる反抗期は、「口答えを中心とした症状」を特徴とするものです。

一般的な反抗期は2歳児の「第一次反抗期」と、思春期の「第二次反抗期」がメインと考えているため、多くのひと達から見逃されがちな2~3年生の口答えに対して、児童心理学者の平井信義先生は「中間反抗期」と名付けるようになりました。

第一次や第二次反抗期と比べて症状が緩やかな中間反抗期ではありますが、これまで「何でも言うことをきく良い子」と過ごしてきたママにとっては、少し刺激が強すぎることもあるようです。

そんな多くのママを悩ませることもある中間反抗期は、「子供が成長した証」とプラスに捉えることで、今後の子育てにできる対処ができるようになります。

反抗=自主性が育ってきたと考えましょう!

この時期に子供が口答えや反抗するようになるのは、「論理的思考ができるようになった証」と捉えてください。

物事を客観的に考えられるようになった子供は、自分の思考に基づいて行動や言動を起こすようになります。

このタイミングで子供たちが獲得しているのは、「自主性」や「主体性」と呼ばれるものです。

これまでの生活の中で何に対しても「いいよ!」とか「わかった!」と言っている子供を思い出すと、自主性や主体性を持てるようになることは寂しい出来事かもしれません。

でもそんな自主性の先には、「自ら進んで家族の役に立つこと」とか「自ら進んで自分の人生を歩めるようになること」という更なる成長がありますので、寂しさに負けずにサポートしてあげる心の強さがママに必要となるのです。

中間反抗期も、子供の成長と共に突然訪れる特徴があります。

最初は口答えやワガママ連続に嫌気がさすかもしれませんが、その時期が2~3年生ぐらいでしたら「我が子はちゃんと成長している」とプラスに捉えてサポートする姿勢へとシフトしてみてください。

子供の自主性を促すサポートをしてあげましょう!

子供の中間反抗期がスタートしたら、ママも「中間反抗期に合った支援姿勢」を取るのが理想です。

ここからはおすすめのサポート術を3つ紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

自主性サポート術① 強制・強要しない!

中間反抗期になった子供の自主性を育むためには、「○○しなさい!」とか「○○しちゃダメ!」とママの主観だけで強制や強要をしないという姿勢が必要です。

子供の反抗が始まると、ママの生活や家事全般に滞りが生じることもあるかもしれません。

しかしそこでママが「自分の邪魔をされたくない!」という考えだけで怒ってしまうと、子供たちはせっかく身に付けた論理的思考を捨てて、両親のロボットのように生きる道を歩むようになるのです。

「中間反抗期が訪れたから、絶対に怒ってはいけない」というわけではなく、今後は親子が共に考えながら行動する姿勢で暮らしていくことが互いの成長に繋がると言えるでしょう。

自主性サポート術② ママ自身が趣味などを持つ!

中間反抗期になった子供に強制や強要をしたくなるママには、「これ以上イライラしたくない」とか「自分の思い通りにコントロールしたい」という心理が隠れています。

このような気持ちを抱える背景には、ママ自身の満たされない気持ちがありますので、子育てに100%のパワーを注ぎこんでいる場合は、趣味やママ友、旦那さんなどとのコミュニケーションを通して「子供以外に目を向ける時間」も必要となるのです。

中間反抗期に生じがちなイライラを防ぐことは、親子の自立に繋がると考えても良いでしょう。

自主性サポート術③ 自分の気持ちをストレートに伝える!

互いが思っていることをしっかり伝えられる家族は、子供が中間反抗期に入っても、きちんとした絆を持ち続けることができます。

これに対して口答えを耳にしたママが自分の考えを呑みこんでしまうような家庭では、子供の成長が促されるどころか、ワガママ全開の状態になることもあるのです。

このようなトラブルを回避するためにも、子供だけでなく旦那さんにも「自分の気持ちをはっきり伝える姿勢」が、中間反抗期に起こりがちな家族のモヤモヤを解消に導くと言えるでしょう。

0歳から始める日本初の幼児教育はコチラ

役に立った/参考になったと思ったら共有をお願いします^^

フォローはこちら 役立つ情報配信がんばります。ぜひお願いいたします。

関連記事

cokking

2016.4.26

親子で通える人気の料理教室!6選 東京編

お手伝いの練習にもなる!親子で通える料理教室 子供向けのお料理教室は、「我 … 続きを読む

財布を持つ女の子

2015.10.26

6つの公的制度を使って出産費用の大幅節約を!

公的制度を活用して出産時の負担を軽減しましょう! 50~100万円ほどかかる妊 … 続きを読む

お宮参り

2015.10.26

お宮参りの準備、服装、マナーを知って素敵な1日を!

お宮参りのマナーを知って準備をスムーズに! 各地域の守り神である「産土神」に赤 … 続きを読む

kise

2016.3.15

ママを悩ます赤ちゃんの奇声の原因と対処法 まとめ

赤ちゃんの奇声に困っていませんか? 赤ちゃんが突然発する奇声の中には、一緒 … 続きを読む

img007

2016.2.15

赤ちゃんが産まれたら絶対に写真に残したい15のシーン

赤ちゃんのいる家庭にはフォトシーンが盛りだくさん! 赤ちゃんが生まれたら、 … 続きを読む

Dollarphotoclub_64914817

2015.9.23

「おむつはずれ」もそろそろ?トイレトレーニングのコツとは?

トイレトレーニングの基礎を学びましょう! パパやママがトイレトレーニングの基礎 … 続きを読む

Dollarphotoclub_78139816

2015.10.26

お守りにもなる!赤ちゃんの髪の毛で作る「誕生筆」とは?

誕生筆とは? 誕生筆とは赤ちゃんがママのお腹の中にいる頃から生えていた「胎毛」 … 続きを読む

7269f790856e0e1a0fe59d12ebf7c9e3_s

2016.4.4

風邪とはどう違うの?子供の花粉症の特徴 まとめ

お子さんの鼻水や涙の原因は花粉症かもしれない! グズグズとたくさんの鼻水や … 続きを読む

学校に通わせない!ホームスクーリングで在宅学習する子どもが世界で急増中

2015.11.10

学校に通わせない!ホームスクーリングで在宅学習する子どもが世界で急増中

「学校に通わせない」という選択をしている親もいる! 世界には、子どもを学校 … 続きを読む

Dollarphotoclub_80968901

2016.5.27

子連れ出勤によって得られるメリット・デメリット

子連れ出勤ができる会社が日本でも増えてきた 「子供のいるママの働き方を応援 … 続きを読む

アクセスランキング

  1. pixta_7613375_M
    ネットで話題!子どもが解けるのに大人が解けない算数の問題 4選
  2. joji
    不器用ママでも大丈夫!初心者向けの女児服の作り方 7選
  3. img011
    子どもが怪我をさせたときに生じる親の責任と行動 まとめ
  4. pixta_6006968_S
    言葉かけでご飯を食べる!3~4歳児に食事のヤル気を促す方法とは?
  5. c7148f3dfc14a4b66a6f348bf6fb0094_s
    子供が指しゃぶりをする理由はママへの意外なサインが隠れていた

記事一覧

カテゴリー