お役立ちコンテンツ

幼児教育なら幼児教室のギフト教育ラボTOP >  幼児教育コラム > 子育て > 社会的な影響も大きい!幼児教育が人生を変える理由とは?

社会的な影響も大きい!幼児教育が人生を変える理由とは?

2015.9.23

pixta_9012299_S

幼い頃の教育が40年後にも影響する!

幼児教育によって学んだことは、40~50年後の人生や暮らしにも大きく影響するという研究結果が出ています。

今回は幼児教育によって得られるメリットを中心に、「人生がどう好転するのか?」という事例をご紹介していきます。

 

学力が高まる!

幼児教育によって考える力が身に付いた子どもは、高いIQや学力が得られるようになります。

高い学力を持った子どもは「進路の選択肢」も幅広くなるため、結果として自分のなりたい学校に入ったり、職業に就きやすくなるのです。

またある程度の偏差値のある子どもは、両親の収入に合った学校に入りやすいという利点もありますので、近年問題になっている「長期化する奨学金返済」などのトラブルにも巻き込まれにくくなるのです。

このような理由から総合しても、幼児教育によって得られた高い学力は、職業だけでなく経済的な安定をもたらしてくれると言えるでしょう。

また職業・経済ともに安定している人は、良きパートナーとも出逢いやすくなりますので、「温かい家庭を持つ」という意味でも好循環が生まれます。

 

留年や中退率が下がる!

幼児教育によって高い判断力や忍耐力、責任感が身に付いた子どもは、「与えられたことを成し遂げること」ができるようになります。

一部の学生が直面する留年や中退は、「学校に通い続ける」という忍耐力のなさや学内での交友関係が影響していますが、幼児教育によってバランスの良い成長ができれば、留年や中退という最悪の結果になる前に、周囲への相談ができるようになるのです。

留年や中退は、本人の自信を失わせるだけでなく、親御さんにとっても金銭的な負担が大きくなる出来事です。

幼児教育を受けていれば、留年や中退によって生じるトラブルを最小限に抑えることもできますので、本人が自分の進路を正しく選べるようにするためにも、幼い頃のトレーニングが重要になると言えるでしょう。

 

協調性が高まる!

幼児教育を受けたお子さんは、協調性やコミュニケーション力が高くなります。

学校や企業などの集団でそれなりのポジションを確立するには、「みんなと仲良くやる」という協調性が必要不可欠となります。

また協調性は、スポーツや趣味というプライベートの世界でも必要になるスキルですので、公私ともに充実した人生を送るためには、幼児教育を通して協調性を学ぶことが重要だと言えるでしょう。

高い協調性によってたくさんの仲間に囲まれている人は、何らかのトラブルや悩みが生じた時にも、「周囲に相談すること」がしやすくなります。

これに対して協調性の低い人は、トラブル時に「誰にも相談ができない」という追い込まれた状況となるため、その結果としてヒキコモリや人間不信などに陥りやすい傾向があるのです。

 

犯罪率が下がる!

幼児教育によってコミュニケーション力や社会性が高くなった人は、「信頼できるパートナーや仲間」と共に人生を歩めるようになります。

たくさんの人に囲まれて生きる人は、共感や分かち合いができるため、悩みや怒りが生じてもその事象をスムーズに解決できるのです。

これに対して社会性やコミュニケーション力が著しく低い人は、友人知人が離れていく傾向が高いため、その結果として「社会への恨み」などが蓄積して犯罪をおかしてしまうケースが多いようです。

幼児教育を受けていなくても普通に生活している人も、もちろんたくさんいます。

しかし社会との「隔たり」によって孤独に陥いった結果として犯罪者になってしまう人のことを考えると、幼い頃から幼児教育を受けて、「人に囲まれて生きることの素晴らしさ」を知った方が社会にとっても良いと言えるでしょう。

また犯罪率の低い社会は、子どもが安全に暮らせるという安全安心にも繋がります。

 

所得が高まる!

幼児教育によって学力の高い子どもが増えると、社会全体の失業率も減少します。

また失業率の減少は、社会全体の所得増加に繋がりますので、日本経済全体に好循環が生まれるという結果が得られるのです。

高齢化社会によってさまざまな問題が生じると言われていますが、幼児教育を受けた子どもたちが成人し、「働きやすい会社で安定収入を得る」ということができるようになれば、経済面の問題も緩和されると言えそうです。

ヒキコモリになりにくくなる!

幼児教育を受けた子どもたちは、積極性やコミュニケーション力に長けているため、「ヒキコモリになりにくい」という特徴があります。

また幼児教育を通して社会性が身に付くと、いじめやハラスメントへの対応も上手くなりますので、ヒキコモリの原因となる人間不信にも陥りにくくなると言えそうです。

 

まとめ

幼児教育によってさまざまな感性やスキルを身に付けた子どもたちは、自分の人生を豊かにするだけでなく、将来のパートナーや両親、友人知人にも「良い影響」を与えられる存在になると言えそうです。

また子どもたちひとりひとりの人生が豊かになることで、日本社会全体の安全安心が増えていきますので、幼児教育は幅広い人々に好循環をもたらすと言えるでしょう。

0歳から始める日本初の幼児教育はコチラ

役に立った/参考になったと思ったら共有をお願いします^^

フォローはこちら 役立つ情報配信がんばります。ぜひお願いいたします。

関連記事

img016

2016.2.25

子どもが外で恥をかかないために!おうちで実践できる食事マナー講座

食事のマナーができる子は苦労をしない!? 子どもたちに食事のマナーを教える … 続きを読む

SIDSで突然死も!?赤ちゃんに厚着をさせない方が良い理由とは?

2015.11.10

SIDSで突然死も!?赤ちゃんに厚着をさせない方が良い理由とは?

健康のためにも赤ちゃんに厚着をさせないで! 心配事の多いママは「赤ちゃんに … 続きを読む

lgf01a201402051600

2016.3.16

赤ちゃんのしゃっくりを止める対処法 5選

赤ちゃんのしゃっくりにも対処法がある! 大人と比べてしゃっくりを起こしやす … 続きを読む

Breastfeeding

2015.9.23

おっぱい離れのタイミングと基礎知識

おっぱい離れのタイミングは3つある! 多くのママが悩みを抱える「おっぱい離れ」 … 続きを読む

3acd419827dce4237bfaeee4929ba9dd_s

2015.12.24

子供部屋の役割と与える年齢とは?

子供部屋は必要?不要? お子さんの年齢が上がってくると、パパやママ達に「子 … 続きを読む

img014

2016.2.23

ガミガミ言わなくても子どもが自主的に勉強をするようになる方法

子どもが勝手に勉強してくれる方法は意外とたくさんある! 子育てに関する掲示 … 続きを読む

ec2b7bc99552633a9b99e2a7ce92f07e_s

2015.12.24

親戚から未就学児にお年玉をあげる際の相場とは?

意外と知らないお年玉の相場と常識! 親族のお正月には欠かせないお年玉ですが … 続きを読む

Dollarphotoclub_71771477

2015.10.26

インテリア性も抜群!話題のベビー用ハイチェア 6選

リエンダー ハイチェア リエンダーのハイチェアは、2012年の春にドイツのキッ … 続きを読む

855ca5177c14511507e84750cdf9da51_s

2016.4.1

赤ちゃんの「顔擦り」の原因と考えられる皮膚湿疹 まとめ

大人は理解できない!赤ちゃんが顔を擦る現象 新生児~生後3ヶ月ぐらいまでの … 続きを読む

保育士直伝!年齢別・子どもに合ったお手伝い選びのコツとは?

2015.11.11

保育士直伝!年齢別・子どもに合ったお手伝い選びのコツとは?

コツを掴んで子どもにお手伝いをしてもらおう! パパやママのお手伝いは、子ど … 続きを読む

アクセスランキング

  1. pixta_7613375_M
    ネットで話題!子どもが解けるのに大人が解けない算数の問題 4選
  2. joji
    不器用ママでも大丈夫!初心者向けの女児服の作り方 7選
  3. c7148f3dfc14a4b66a6f348bf6fb0094_s
    子供が指しゃぶりをする理由はママへの意外なサインが隠れていた
  4. img011
    子どもが怪我をさせたときに生じる親の責任と行動 まとめ
  5. pixta_6006968_S
    言葉かけでご飯を食べる!3~4歳児に食事のヤル気を促す方法とは?

記事一覧

カテゴリー