お役立ちコンテンツ

幼児教育なら幼児教室のギフト教育ラボTOP >  幼児教育コラム > 子育て > 将来のことを考えて!子どもにお勧めの習い事 8選

将来のことを考えて!子どもにお勧めの習い事 8選

2015.11.10

将来のことを考えて!子どもにお勧めの習い事 8選

将来に役立つ子どもの習い事とは?

子どもの習い事は、知識やスキルを身に付けるだけでなく、心や体の成長に役立つものとして注目されるようになりました。

また現代社会では、子どもの習い事が多様化しているため、自分のお子さんに合ったものを選びやすくなっていると言えそうです。

今回は、子どもの発達や将来に役立つ習い事をご紹介していきます。

体操教室

子どもの筋力や運動能力、柔軟性を培う体操教室は、小学校入学前からスタートするのがおすすめの習い事です。

体操教室でさまざまな身体能力が向上すると、お友達と公園の遊具で遊んでいても、転落などのトラブルがケガをしにくくなります。

また体操や運動が得意な子どもは、体育の授業でもヒーロー的な存在になりますので、小学校を楽しく過ごさせる準備として体操教室を利用しても良いのです。

日々の運動によって蓄えた筋力は、勉強への集中力アップという効果にも繋がるため、結果としてお受験にも役立てることができそうです。

スイミング

スイミングは、赤ちゃんから始められる習い事のひとつです。

ベビースイミングを通して水慣れしている赤ちゃんは、毎日のお風呂や体洗いを嫌がりません。

また一緒にプールに入っているママも育児ストレスの解消やダイエット効果が得られますので、親子の生活に好循環をもたらすために、ベビースイミングを始めてみても良いでしょう。

早いうちにスイミングを習わせると、水に対する恐怖心が解消しやすくなると言われています。

体への負担が少ない水泳は、一生涯続けられるスポーツとなりますので、早いうちからスイミングスクールに通わせて「泳ぐことの楽しさ」を教えてあげると良いでしょう。

英語教室

脳が柔軟な子どもたちは、大人よりもスピーディーに英語を習得できる傾向があります。

また子どもの英語教室では、可愛らしいパネルなどを使いながら楽しく単語を覚えていくため、遊びの延長として語学力を身に付けられるのです。

英語を使って歌う・喋るということを繰り返していると、外国人とのコミュニケーションへの抵抗もなくなります。

近年では親子留学や中高生という早い段階でのホームステイなども急増していますので、その準備として英語教室に通ってみるものおすすめと言えそうです。

そろばん・くもん

そろばんやくもんは、算数や計算能力を伸ばす習い事です。

そろばんを習っている子どもたちは集中力が非常に高い傾向があるため、受験勉強の準備として通いわせても良いでしょう。

また同じ教室に通う仲間と切磋琢磨することで競争力を培うこともできますので、兄弟間の競争のないひとりっ子には特におすすめ度の高い習い事と言えそうです。

古い時代から習い事の定番とされていた公文式は、そろばん同様に子どもたちの計算力や集中力を高めてくれます。

公文式では本人の能力に合った問題を使うため、進捗の良い子どもたちの中には「小学校中学年なのに、高学年の計算ができる」ということもあるのです。

音楽教室

音楽教室の幼児クラスでは、同じ年齢の子どもたちと一緒に歌ったり踊ったりしながら音楽に触れていきます。

幼い頃から音楽に触れると、リズム感や運動神経の発達が促せるため、結果として小学校入学以降の体育の授業に役立てることができるのです。

また音楽教室で友達と一緒に楽しんでいる子どもたちは、協調性やコミュニケーション能力が高い傾向があると言われています。

サッカー教室

みんなでひとつのボールを追いかけるサッカー教室は、男の子を中心に人気の高い習い事のひとつです。

幼い頃からサッカーに触れている子どもたちは、小学校入学以降のクラブ活動やスポーツ少年団などで良いポジションを獲得することができます。

またサッカーで身に付けた協調性やハングリー精神は、社会人になってからも役立つスキルとなりますので、社会性を培うために集団で行うスポーツにトライさせても良いでしょう。

空手や柔道などの武道

空手や柔道などの武道は、礼儀作法などを学べる習い事です。

特に空手では一般生活ではできない「機敏な動き」を身に付けることができるため、自宅ではつい甘やかしてしまうという親子にもおすすめの習い事となっています。

また空手や柔道などの武道を習っていると、日々の行動にメリハリが付いてきますので、集中力の高い子どもを育てるにも良いお稽古事と言えるでしょう。

書道

書道を習っている子どもは、姿勢が良くなります。

幼い頃から正しい姿勢で暮らすことを身に付けると、学力のアップや健康面でのメリットが得られるようになります。

また自宅でもできる書道は「一生涯続けられるお稽古事」とも言われていますので、子どもの趣味を増やしてあげるというスタンスで始めさせてみても良いでしょう。

綺麗な文字を書く人は賢く見える傾向があるため、成人後の印象を良くするという意味でも、早めにスタートした方が良い習い事と言えそうです。

まとめ

習い事を上手に活用すると、子どもたちの脳や心、体の働きを高めることができます。

体験入学に参加すれば、パンフレットには書かれていない楽しさなども実感しやすくなりますので、まずは「気になる教室に参加すること」から始めてみてください。

0歳から始める日本初の幼児教育はコチラ

役に立った/参考になったと思ったら共有をお願いします^^

フォローはこちら 役立つ情報配信がんばります。ぜひお願いいたします。

関連記事

Dollarphotoclub_80968901

2016.5.27

子連れ出勤によって得られるメリット・デメリット

子連れ出勤ができる会社が日本でも増えてきた 「子供のいるママの働き方を応援 … 続きを読む

0I9A351215032114onepoint_TP_V

2016.3.28

子供の留守番に潜むリスクと親の心構えとは?

「早くお留守番をさせたい!」と願う親が増えている! 片親世帯や、共働きの家 … 続きを読む

asian baby and mother relaxing

2016.5.21

発達障害?サイレントベビー?泣かない新生児が増えている

ママを心配にさせる「泣かない赤ちゃん」とは? お友達の子供と比べて明らかに … 続きを読む

gatag-00004872

2016.4.3

思春期男子の意外な心理とママがとるべき行動とは?

ママには難しい!?思春期の男の子との距離感・接し方 「第二次性徴期の始めか … 続きを読む

pixta_1187519_L

2015.9.23

読み聞かせで脳と心が育つ!ファーストブックにおすすめの絵本 5選

読み聞かせを行うメリットとは? 赤ちゃんにとっても読み聞かせは、「お母さんの声 … 続きを読む

otetsudai

2016.5.1

お手伝いも捗る!子供のための踏み台選び

踏み台の活用が子供とママに好循環をもたらす まだ身長の低い子供たちに積極性 … 続きを読む

img011

2016.2.20

子どもが怪我をさせたときに生じる親の責任と行動 まとめ

子どもが怪我をした時、させた時に冷静に対処をするために! 子ども同士で遊ん … 続きを読む

img012

2016.2.21

ケガの症状やケース別!家庭でできる簡単な手当の方法

覚えておこう!子どものケガの対処方法! 元気いっぱい、無我夢中で遊びまわる … 続きを読む

NS725_akacyannote_TP_V

2016.3.31

初心者ママ必見!赤ちゃんの爪切り基本講座

赤ちゃんの爪切りはスキンケアのひとつです! 赤ちゃんの爪切りは、健康衛生を … 続きを読む

子ども興味津々!東京都内の無料で入れる体験スポット 6選

2015.11.11

子ども興味津々!東京都内の無料で入れる体験スポット 6選

無料の体験スポットは親子の学びに最適! 休日の遊びに体験スポットを活用すると、 … 続きを読む

アクセスランキング

  1. pixta_7613375_M
    ネットで話題!子どもが解けるのに大人が解けない算数の問題 4選
  2. joji
    不器用ママでも大丈夫!初心者向けの女児服の作り方 7選
  3. c7148f3dfc14a4b66a6f348bf6fb0094_s
    子供が指しゃぶりをする理由はママへの意外なサインが隠れていた
  4. img011
    子どもが怪我をさせたときに生じる親の責任と行動 まとめ
  5. pixta_6006968_S
    言葉かけでご飯を食べる!3~4歳児に食事のヤル気を促す方法とは?

記事一覧

カテゴリー