お役立ちコンテンツ

幼児教育なら幼児教室のギフト教育ラボTOP >  幼児教育コラム > 子育て > 発育に睡眠は欠かせない!簡単にできる寝かしつけのワザ 5選

発育に睡眠は欠かせない!簡単にできる寝かしつけのワザ 5選

2015.10.26

Dollarphotoclub_63514973

赤ちゃんの睡眠が家族をハッピーにする!

ぐっすり眠っている赤ちゃんは、就寝中にたくさんの成長ホルモンが分泌されるため、非常に早く発達すると言われています。

また睡眠は、脳や心のストレスを解消してくれる作用もあるため、日中の遊びやコミュニケーションで疲れた状態を回復させるためにも、たくさん眠らせた方が良いと言えるでしょう。

今回は多くのママが悩みを抱える「寝かしつけ」におすすめの方法をご紹介しますので、ぜひ毎日の子育ての中で実践してみてください。

 

赤ちゃんの睡眠には個人差がある!

生まれたばかりの赤ちゃんは、1日の3分の2を眠って過ごすことが一般的とされています。

生後間もない赤ちゃんは体内時計が発達していないため、大人のように「朝起きて夜寝る」ということができず、昼夜関係なく自由に眠る特徴があります。

また赤ちゃんの中には、完全に昼夜逆転生活になっている子も多く見受けられるため、眠りのリズムやサイクルがおかしかったとしても「それが個性だ」と捉えるのが理想と言えるのです。

 

眠らない子どもにイライラしていませんか?

なかなか眠ってくれない状態にママがイライラすると、赤ちゃんはその気持ちを見抜いて緊張状態になってしまいます。

また「早く眠らせなくちゃ!」と焦っているママは、緊張状態によって心拍数などが上がっているため、抱っこされている赤ちゃんがその状態を察して、「自分自身も緊張によって眠れなくなる」という悪循環に陥ってしまうのです。

逆によく眠る子のママは、「放っておけばいつか眠るでしょ?」という楽観的な性格である傾向が強いと言われています。

楽観的な視点で赤ちゃんを見ているママは、我が子がどんなに眠らなくても、焦ることなく読み聞かせやベビートークを行います。

また眠らない子どもに対してプラスに捉えられるママは、「添い寝をしながら自分が寝てしまう」ということもできるため、親子揃ってリラックスした状態の中で、穏やかに寝落ちをするようです。

 

赤ちゃんが眠るとママの負担が軽減する!

赤ちゃんがたくさん眠ってくれると、ママ自身の睡眠時間が増え、身体的な負担やイライラの種が軽減します。

またたくさん眠る子を持つママは、家事なども比較的スムーズにできるため、結果として「余裕を持って赤ちゃんとコミュニケーションが図れる」という好循環が生まれるのです。

このような事例から考えても、まずは「ママがイライラしないこと」が赤ちゃんの睡眠時間を増やす好循環をもたらすと言えるでしょう。

 

赤ちゃんを上手く眠らせる5つのコツとは?

赤ちゃんを眠りに誘う方法も、個人差があると言われています。

今回は多くの赤ちゃんが入眠に誘われる、人気の高い方法を5つご紹介しますので、ぜひ毎日の生活の中で試してみてください。

 

《おしゃぶりを使う》
口におしゃぶりをくわえた赤ちゃんは、鼻を使って深く呼吸をするようになります。
呼吸をきちんとすると脳に新鮮な空気が多く送られるようになるため、心身の緊張がほぐれて良い形で眠れるようになるのです。
この方法は、興奮状態の赤ちゃんに特におすすめです。

 

《背中をトントンする》
背中や肩をトントンしてあげると、赤ちゃんはママのお腹にいた時の胎動を思い出して、次第にリラックス状態に導かれて生きます。
背中をトントンする行為は、赤ちゃんだけでなく子どもや大人にも有効な「タッピング」という方法となりますので、不安や興奮状態を抑えるために幅広く活用できると言えるでしょう。

 

《ベビートークをする》
赤ちゃん言葉で優しく語り掛けるベビートークは、赤ちゃんにとって「ママと一緒にいる安心感」が感じられる存在となります。
前述の背中トントンと一緒に行えば、更に心を穏やかにすることができますので、夜泣きの時などに行ってみてください。

 

《赤ちゃんの布団を温めておく》
赤ちゃんの布団を温めておくと、ママに抱っこされているような心地好さによって入眠しやすくなります。
赤ちゃんが布団に入ったら、電気毛布や湯たんぽなどを出して、自分の体温で眠らせるようにしてください。
ずっと布団を温め続けていると、デリケートな肌に乾燥などが生じてしまいます。

《頭を撫でてあげる》
やさしく頭を撫でてあげると、ママの温もりを感じた赤ちゃんは心地好く眠りに誘われていきます。
また頭を撫でながら歌う子守唄は、赤ちゃんの呼吸のリズムを整える作用があると言われていますので、毎日の生活を通して入眠しやすい1曲を探してみても良いでしょう。

 

まとめ

赤ちゃんの睡眠リズムには個人差がありますが、穏やかなママと一緒にいる時間が多いほど、安心して眠りに誘われるようになると言えそうです。

今回紹介した5つのポイントは、多くの赤ちゃんに効果が得られている方法となりますので、まずは気軽にできるものから挑戦してみてください。

0歳から始める日本初の幼児教育はコチラ

役に立った/参考になったと思ったら共有をお願いします^^

フォローはこちら 役立つ情報配信がんばります。ぜひお願いいたします。

関連記事

467fd88ade7a5ef2b3a26c4d97ff1fb6_s

2015.12.24

赤ちゃんのお祝い行事!年間スケジュール まとめ

赤ちゃんのお祝い行事は1年に5回もある! 赤ちゃんが生まれたばかりの年には … 続きを読む

img013

2016.2.22

衝撃事実!親の添い寝が子どもの睡眠不足の原因だった

親子で添い寝していませんか? お子さんがぐっすり眠れていない感じであったり … 続きを読む

Dollarphotoclub_80968901

2016.5.27

子連れ出勤によって得られるメリット・デメリット

子連れ出勤ができる会社が日本でも増えてきた 「子供のいるママの働き方を応援 … 続きを読む

img002

2016.2.10

兄弟差別を受けた子どもに生じるコンプレックスと人生への影響とは?

自分の子どもに対して「みんな平等に可愛い」と思えない親が増加中 人気テレビ … 続きを読む

img007

2016.2.15

赤ちゃんが産まれたら絶対に写真に残したい15のシーン

赤ちゃんのいる家庭にはフォトシーンが盛りだくさん! 赤ちゃんが生まれたら、 … 続きを読む

72202146cf73aebada4b5a1412601dbc_s

2015.12.24

子育てママ必見!子供の暮らしや教育に役立つ給付金 まとめ

子育てや教育でもらえる給付金を上手に活用しよう! 子育てや教育に関する給付 … 続きを読む

855ca5177c14511507e84750cdf9da51_s

2016.4.1

赤ちゃんの「顔擦り」の原因と考えられる皮膚湿疹 まとめ

大人は理解できない!赤ちゃんが顔を擦る現象 新生児~生後3ヶ月ぐらいまでの … 続きを読む

img009

2016.2.17

個性を楽しもう!育児や妊娠における男の子と女の子の違い

男の子と女の子はこんなに違う! 第一子と第二子で異なる性別の赤ちゃんを産ん … 続きを読む

財布を持つ女の子

2015.10.26

6つの公的制度を使って出産費用の大幅節約を!

公的制度を活用して出産時の負担を軽減しましょう! 50~100万円ほどかかる妊 … 続きを読む

kise

2016.3.15

ママを悩ます赤ちゃんの奇声の原因と対処法 まとめ

赤ちゃんの奇声に困っていませんか? 赤ちゃんが突然発する奇声の中には、一緒 … 続きを読む

アクセスランキング

  1. pixta_7613375_M
    ネットで話題!子どもが解けるのに大人が解けない算数の問題 4選
  2. joji
    不器用ママでも大丈夫!初心者向けの女児服の作り方 7選
  3. pixta_6006968_S
    言葉かけでご飯を食べる!3~4歳児に食事のヤル気を促す方法とは?
  4. img011
    子どもが怪我をさせたときに生じる親の責任と行動 まとめ
  5. cokking
    親子で通える人気の料理教室!6選 東京編

記事一覧

カテゴリー