お役立ちコンテンツ

幼児教育なら幼児教室のギフト教育ラボTOP >  幼児教育コラム > 子育て > 文部科学省も注目!家庭教育支援の重要性とは?

文部科学省も注目!家庭教育支援の重要性とは?

2015.10.5

pixta_9164033_M

文部科学省も注目!家庭教育支援とは?

文部科学省でもさまざまな取り組みを行っている「家庭教育支援」は、子どもたちの健やかな育ちの基盤となる「家庭」や「親」をサポートする事業の総称です。

文部科学省では、家庭教育支援に関する検討委員会や協議会、支援団体の登録制度を設けることで、家庭の教育力の向上を促す社会的な仕組みを整えています。

また家庭教育支援には、「親が安心して子育てができること」も大事なポイントとなりますので、社会全体に好循環がもたらすという意味でも、非常に重要な役割を担う事業と言えるでしょう。

 

家庭教育支援を行う専門機関があるのでしょうか?

家庭教育支援に関する取り組みは、行政や団体などの幅広い機関で行われています。

行政で開設している家庭教育支援チームの場合は、文部科学省が定めた登録要件を満たすことで、省のサイトから閲覧できるようになります。

この他に近年では、行政のチーム以上に多彩な活動やノウハウを有する家庭教育支援センターも増えていますので、家庭の問題に合ったところに相談してみることが理想と言えるでしょう。

メールや電話で行う初回の相談は、ほとんどの機関が無料で対応していますので、まずは家庭教育支援のプロフェッショナルと「繋がること」から始めてみてください。

 

具体的にはどんな支援が行われているのでしょうか?

Dollarphotoclub_86205430

家庭教育支援では、家庭問題を抱える親へのカウンセリングを中心に活動が行われます。

また不登校や問題行動を起こしているお子さんがいる場合は、親と子への訪問カウンセリングを行っていきますので、子どもの傷付いた心に関するケアもできると言えるでしょう。

家庭教育支援では、「学校」と「家庭」をつなぐサポートも行っていますので、先生への不安や不満などを抱える方は、気軽に相談をしてみてください。

 

どんな流れで支援が行われますか?

家庭教育支援は、親御さんから送られてくる電話やメールから始まります。

一般的な家庭教育支援では、相談メールに対するアドバイスを返信すると共に、今後の支援に関する提案が行われる形となっています。

支援を依頼した場合は、カウンセリングに活用するノートやチェックシートが送付されますので、そこに日々の状況を記入しながら支援担当とのやり取りを進めていくのです。

多くの団体が使っている「家庭ノート」は、親御さんが自分の家庭やお子さんを客観視する上で、とても活用度の高い存在になることでしょう。

 

家庭教育支援はずっと続くのでしょうか?

有償でサポートする機関の場合は、3ヵ月~半年を1サイクルにして支援が行われるのが一般的です。

3ヵ月過ぎても問題が解決しない場合は、期間延長も可能となっています。

またお子さんの不登校や問題行動が解決しない場合は、中学卒業までは延長ができる仕組みとなっていますので、支援者と二人三脚で家庭教育の見直しを行っても良いでしょう。

 

家庭教育支援を通してどんなことが学べますか?

Dollarphotoclub_83027175

家庭教育支援は、カウンセリングやアドバイスを通して、「さまざまな子育てスキル」が習得できる内容となっています。

お子さんの気持ちの共感や、親の気持ちをストレートに伝えるテクニックは、親子のコミュニケーションを円滑にする上で欠かせない位置付けとなります。

また多くの親御さんが自己嫌悪を抱いている命令や過保護、過干渉についても、親子関係を円満にする「マインド」をアドバイスしていきますので、考え方を変えるだけでも親御さんの気持ちが楽になると言えるでしょう。

この他に、父と母との役割分担なども家庭教育支援の対象となりますので、夫婦間のコミュニケーション不足に悩んでいる皆さんにも、おすすめの支援と言えそうです。

子どもの問題行動が生じやすい家庭では、親の方に特有の考え方や価値観がありますが、この部分について家庭教育支援を通して柔軟にしていけば、家族みんなに好循環がもたらされます。

 

どんな気持ちで家庭教育支援に臨めば良いのでしょうか?

家庭教育支援に臨む際には、「素直な気持ちになること」を心掛けるようにしてください。

また家庭教育支援では、家族や両親の抱える問題に介入することもありますので、基本を学びながら真摯な気持ちでアドバイスを受け取ることも非常に重要となるのです。

今現在子どもがトラブルを起こしてしまっている場合は、親の方も「子どもが信じられない」という状態に陥っているケースも多いです。

しかし家庭教育支援の成果を出すには、「子どもと支援者を信頼すること」が基本となりますので、ネガティブな思考や不信感を抱くことはやめるべきと言えるでしょう。

 

まとめ

家庭教育支援によって子育てが見直されると、子どもの問題行動が解消されるだけでなく、犯罪や失業率が下がるという社会全体の好循環に繋がると言えそうです。

このような取り組みは各自治体でも相談窓口を設けていますので、まずは問い合わせをすることから始めてみてください。

0歳から始める日本初の幼児教育はコチラ

役に立った/参考になったと思ったら共有をお願いします^^

フォローはこちら 役立つ情報配信がんばります。ぜひお願いいたします。

関連記事

img010

2016.2.18

ワゴンRやムーヴなどの軽自動車が子育て夫婦に適している理由

子育て夫婦が軽自動車を買うメリットガイド! 一世帯あたりの普及率が50%を … 続きを読む

colorpencil

2016.4.30

知育に活用できる!子供におすすめの無料塗り絵サイト

天気の悪い日は塗り絵をさせましょう 悪天候やママの体調不良によって外遊びが … 続きを読む

簡単!可愛く撮れる!育児中のママにおすすめのカメラアプリ 4選

2015.11.11

簡単!可愛く撮れる!育児中のママにおすすめのカメラアプリ 4選

使いやすいカメラアプリで子どもを可愛く撮ろう! 便利なスマートフォンアプリの普 … 続きを読む

angry

2016.4.13

今日から実践できる!子供の癇癪を止める秘策とは?

突然起こる癇癪に悩んでいませんか? 発作のように突然生じる子供の癇癪は、「 … 続きを読む

SIDSで突然死も!?赤ちゃんに厚着をさせない方が良い理由とは?

2015.11.10

SIDSで突然死も!?赤ちゃんに厚着をさせない方が良い理由とは?

健康のためにも赤ちゃんに厚着をさせないで! 心配事の多いママは「赤ちゃんに … 続きを読む

安心して小学校入学!子どもの国語力を伸ばす読書や読み聞かせとは?

2015.11.10

安心して小学校入学!子どもの国語力を伸ばす読書や読み聞かせとは?

ママとの読み聞かせが小学生の国語力に繋がる! 小学校入学前にママと一緒に行 … 続きを読む

bea0680f79e468272c019f58cf0b5da2_s

2016.4.19

焦りは禁物!子供の熱性けいれんが起きた時にママすべきこと

自宅でケアが可能!単純型の熱性けいれん 熱性けいれんとは、6ヶ月~5歳ぐら … 続きを読む

img005

2016.2.13

子どものやる気を奪ってしまうNGフレーズ集

子どものやる気はママ次第!NGフレーズを知っておこう! 子どものやる気を促 … 続きを読む

dokusyho

2016.5.10

自由研究にも活用できる!小学校低学年向けの人気図鑑 7選

子供の好奇心を伸ばすためには図鑑の活用がおすすめ 公園や野山といった自然の … 続きを読む

img007

2016.2.15

赤ちゃんが産まれたら絶対に写真に残したい15のシーン

赤ちゃんのいる家庭にはフォトシーンが盛りだくさん! 赤ちゃんが生まれたら、 … 続きを読む

アクセスランキング

  1. pixta_7613375_M
    ネットで話題!子どもが解けるのに大人が解けない算数の問題 4選
  2. joji
    不器用ママでも大丈夫!初心者向けの女児服の作り方 7選
  3. img011
    子どもが怪我をさせたときに生じる親の責任と行動 まとめ
  4. pixta_6006968_S
    言葉かけでご飯を食べる!3~4歳児に食事のヤル気を促す方法とは?
  5. c7148f3dfc14a4b66a6f348bf6fb0094_s
    子供が指しゃぶりをする理由はママへの意外なサインが隠れていた

記事一覧

カテゴリー