お役立ちコンテンツ

幼児教育なら幼児教室のギフト教育ラボTOP >  幼児教育コラム > 子育て > 安心して小学校入学!子どもの国語力を伸ばす読書や読み聞かせとは?

安心して小学校入学!子どもの国語力を伸ばす読書や読み聞かせとは?

2015.11.10

安心して小学校入学!子どもの国語力を伸ばす読書や読み聞かせとは?

ママとの読み聞かせが小学生の国語力に繋がる!

小学校入学前にママと一緒に行う読書や読み聞かせには、子どもたちの国語力やコミュニケーション能力を高める効果があるとされています。

今回は、読み聞かせを行うメリットを中心に、「どんな読書が国語力アップに繋がるのか?」というポイントをご紹介していきます。

読み聞かせのメリット① 安心感が培える!

ママが優しい声で絵本を読んであげる「読み聞かせ」は、乳幼児どころか、妊娠中から始められることです。

小さな頃から読み聞かせをしてもらっている子どもは、ママの声を聴きながら絵本に集中することで、安心感を得るようになります。

また絵本の読み聞かせは、なかなか寝付けない赤ちゃんへの子守唄効果もありますので、シーンに合った本をセレクトしてあげることも、大事な工夫になると言えるでしょう。

子どもの心に安心感を増やすためには、テレビやラジオなどの騒音がない静かな場所で読み聞かせを行うのが理想となります。

騒々しい環境で育った赤ちゃんは、情緒不安定に育つ傾向が高いため、BGMとしてテレビを流し続けるのは止めた方が良いと言えそうです。

読み聞かせのメリット② たくさんの言葉を覚える!

ママが絵本を読む声に耳を傾けている子どもたちは、読み聞かせをされていない赤ちゃんよりも遥かにたくさんの言葉を覚えます

また読み聞かせをしてもらっている子どもの方が、おしゃべりの上達もスピーディーという研究報告もありますので、コミュニケーション能力を促すためにもたくさんの本を読んであげてください。

読み聞かせのメリット③ 想像力が身につく!

幼い頃からたくさんの本に触れている子どもたちは、「この先はどんなストーリーになるのだろう?」という想像力を膨らませるのが得意です。

読書によって培われた想像力は、日常生活のトラブルや国語の教科書を読む際にも活用できるスキルとなりますので、なるべくたくさんの本を購入して、多彩なワクワク感と想像する機会を与えてあげてください。

中学校、高校に入ってから現代文の成績がなかなか伸びない学生は、単語や文章力よりも、想像力に乏しいという傾向もあるようです。

国語力に繋がる読書や読み聞かせとは?

読んであげた本の内容についておしゃべりができる年代になったら、読書の後に必ず「どうだった?」と質問をして内容について話し合う習慣を付けるようにしてください。

特定の箇所に生じた疑問や感想などをママと共有し合うことで、国語の授業のようなイメージで親子の時間を過ごせます。

また読み聞かせを行う際には、なるべく声の出し方やボリュームなどに配慮して、子どもの脳を刺激することを心掛けてください。

特に動物の鳴き声などは、子どもの心が惹きつけられるポイントとなりますので、「ママ自身が動物になりきる」という演技も必要になることでしょう。

自分で本を読める年齢になったら図鑑に挑戦!

自分で本を楽しめる年齢になったら、辞典や図鑑、百科事典などを与えて、興味の対象を広げてあげるようにしてください。

絵本や物語の世界にはない動物や昆虫、乗り物などが描かれている図鑑を読んでいる子どもは、昆虫採集やおもちゃ選びなどのシーンでも、本から覚えた知識を活用できるようになります。

また図鑑を与えることで、読書の絶対量を増やすこともできますので、ある程度自分で本を読める年齢になったら、簡単な伝記や図鑑のシリーズを買ってあげても良いでしょう。

本を通してたくさんの語彙に触れさせましょう!

本を通してたくさんの語彙に触れている子どもたちは、その意味を考える思考力や読解力、ママに説明する表現力にも長けています。

この3つの能力を培うには、自分で調べることも大事な作業となりますので、簡単な辞典を与えて「気になる言葉を調べさせる」という習慣を付けても良いでしょう。

辞典を開く前に「一体どんな意味だろう?」と考える傾向は、物事への推測力を伸ばします。

せっかく覚えた言葉を乱さない配慮も必要!

たくさんの本を通して覚えた語彙を乱さないためには、パパやママが綺麗な言葉を使うことも重要です。

「汚い言葉」と「綺麗な言葉」の区別がつかない子どもたちは、両親が普段使っているフレーズをどんどん吸収してしまいますので、学校でのコミュニケーションに支障をきたさないためにも、家庭内での言葉遣いに注意をするようにしてください。

まとめ

幼い頃からママと本を読んでいる子どもは、乾いたスポンジのようにさまざまな言葉を吸収するようになります。

また本には心の安定や集中力を高める作用もありますので、国語力に長けた子どもを育てるためにも、たくさんの書籍を与えてあげてください。

0歳から始める日本初の幼児教育はコチラ

役に立った/参考になったと思ったら共有をお願いします^^

フォローはこちら 役立つ情報配信がんばります。ぜひお願いいたします。

関連記事

baby

2016.2.28

ほとんど泣かない赤ちゃんの問題や心理を分析してみよう

赤ちゃんと「泣くこと」の関係を知っておこう! 毎日赤ちゃんと生活をしている … 続きを読む

将来のことを考えて!子どもにお勧めの習い事 8選

2015.11.10

将来のことを考えて!子どもにお勧めの習い事 8選

将来に役立つ子どもの習い事とは? 子どもの習い事は、知識やスキルを身に付け … 続きを読む

pc

2016.5.28

ドリルもできる!幼児~中学生向けの無料オンライン学習サイト 8選

知育にも役立つ!無料オンライン学習サイトが増えている スマートフォンやパソコン … 続きを読む

宿題代行は絶対にNG!子どもの自主性を育む親の宿題サポートとは?

2015.11.11

宿題代行は絶対にNG!子どもの自主性を育む親の宿題サポートとは?

その手伝い方はNG!親が行うべき宿題のサポートとは? 小学生が毎日持ち帰っ … 続きを読む

Fotolia_50641282_S

2015.9.23

赤ちゃんから使える!幼児教育に適したiPadアプリ 7選

知育ゲーム遊び放題!ワオっち!ランド 累計300万ダウンロードを突破した、話題 … 続きを読む

NGなあげ方が子どもをダメにする!?お小遣いのルールを徹底解説

2015.11.10

NGなあげ方が子どもをダメにする!?お小遣いのルールを徹底解説

意外と知らない!?お小遣いのルール! 子どもたちの金銭感覚を育むお小遣いは … 続きを読む

ママの仕事は24時間365日!年収換算で1,280万円!パパができるストレス解消法とは?

2015.11.11

ママの仕事は24時間365日!年収換算で1,280万円!パパができるストレス解消法とは?

ママの仕事を理解し、ストレスを解消してあげよう! 24時間・365日、いつ … 続きを読む

d2c5077a3766fdba0247d6ad30121bbb_s

2015.12.24

スマホアプリも活用!子供にひらがなを教える際のポイントとは?

ひらがなの習得には個人差がある! ひらがなに興味を持ち始める年齢には個人差があ … 続きを読む

Dollarphotoclub_71771477

2015.10.26

インテリア性も抜群!話題のベビー用ハイチェア 6選

リエンダー ハイチェア リエンダーのハイチェアは、2012年の春にドイツのキッ … 続きを読む

sotohashiru

2016.5.24

東京近郊にある屋外子連れアミューズメント 8選

キッザニア東京 3歳~15歳という幅広い年代の子供たちが楽しめる、職業 … 続きを読む

アクセスランキング

  1. pixta_7613375_M
    ネットで話題!子どもが解けるのに大人が解けない算数の問題 4選
  2. joji
    不器用ママでも大丈夫!初心者向けの女児服の作り方 7選
  3. c7148f3dfc14a4b66a6f348bf6fb0094_s
    子供が指しゃぶりをする理由はママへの意外なサインが隠れていた
  4. img011
    子どもが怪我をさせたときに生じる親の責任と行動 まとめ
  5. pixta_6006968_S
    言葉かけでご飯を食べる!3~4歳児に食事のヤル気を促す方法とは?

記事一覧

カテゴリー