お役立ちコンテンツ

幼児教育なら幼児教室のギフト教育ラボTOP >  幼児教育コラム > 子育て > 学校に通わせない!ホームスクーリングで在宅学習する子どもが世界で急増中

学校に通わせない!ホームスクーリングで在宅学習する子どもが世界で急増中

2015.11.10

学校に通わせない!ホームスクーリングで在宅学習する子どもが世界で急増中

「学校に通わせない」という選択をしている親もいる!

世界には、子どもを学校に行かせずに「家で勉強をさせる」という教育形態をとっている家庭が急増しています。

このスタイルは「ホームスクーリング」と呼ばれており、新たな教育スタイルのひとつとして、世界中の教育学者が注目しているようです。

今回はそんなホームスクーリングの実情やメリットなどを紹介しますので、お子さんの教育や子育ての参考にしてみてください。

学校に通わせない!ホームスクーリングとは?

ホームスクーリングとは、学校に通わせず、家庭を拠点に学習を行うオルタナティブ教育のひとつです。

国によっては、ホームエデュケーションやホームスクールと呼ばれることもあります。

ホームスクーリングの方法は各家庭によって大きく異なり、保護者が教師役を担ったり、保護者が監視のもとで通信講座を受けるというスタイルが一般的となっています。

また両親が忙しく教師役を務める余裕がなかったり、子どもが自由に勉強することを希望する場合は、ナチュラルスクーリングという本人の自主性に任せる学習法が取り入れられることもあるようです。

ホームスクーリングが進んでいるアメリカの状況とは?

ホームスクーリングが最も盛んな国は、アメリカです。

アメリカでは全ての州でホームスクーリングを合法としているため、学校教育に疑問を抱いている親たちは、進んで在宅学習を取り入れています。

またアメリカの場合は、自宅を拠点としながら戸外の教育機関で過ごすというスタイルも発達しているため、ホームスクーリングを取り入れる家庭によってさまざまな方法を導入することができるのです。

特に家と学校以外の教育機関を往復する場合は、自宅ベース教育という表現が使われています。

アメリカの大学では、ホームスクーリング出身の学生の受け入れも行っているため、どんな子どもであっても高等教育を受ける権利があると考えて良いでしょう。

またコミュニティカレッジの中には、高校教育終了の証となるGED対策に向けた教室を開設しているところもあるため、アメリカの学習における道は非常に幅広いのです。

ホームスクーリングはドイツやイスラム社会にもある!

ホームスクーリングにおいて、少しネガティブな実情を持つ国も存在しています。

規定の教育を受ける義務を「義務教育法」で定めているドイツでは、親子一緒にホームスクーリングを行うことを処罰対象としています。

また実際にホームスクーリングやフリースクールを利用した一家が、国外脱出を迫られるケースも急増していますので、ドイツでは「どんな事情があっても学校で義務教育を受けるべき」というルールが非常に強いことがわかります。

女性が教育を受ける権利が著しく制限されているイスラム社会では、アフガニスタンのように女性の通学を禁止している国も存在します。

そのため、イスラム社会の女性達は、基本的にホームスクーリングに頼らざるを得ない実情があるようです。

ホームスクーリングが選択される理由とは?

ホームスクーリングを選ぶ理由で最も多いのは、「子どもや保護者が学校の授業内容に満足できない」ということです。

特に両親に高い学歴や社会的地位がある場合は、学校の授業以上の良い教材や指導手法を見つけやすい傾向があるため、法律的に問題がなければホームスクーリングにシフトすることができるのです。

またホームスクーリング利用者の中には、学校が遠い、学校に払うお金がないなどの理由で仕方なく選択するケースもあるため、実践している全ての家庭が在宅学習を希望しているわけでもないのです。

この他に、いじめによる不登校や健康面での問題、発達障害などの理由で子どもを守るためにホームスクーリングを始める親も増えていますので、「家で勉強をすること」にはさまざまな意味や目的があると考えた方が良いと言えるでしょう。

ホームスクーリングのメリットが注目されている!

アメリカの大統領、アラブハム・リンカーンやフランクリン・ルーズベルト、ジョージ・ワシントンなどもホームスクーリングの出身者です。

アメリカで行った調査によると、普通の学校で勉強をしている子どもより、ホームスクーリングの生徒の方が平均点数も高いという報告も出ています。

またホームスクーリングによって子どもの大半を12歳までに大学に入れてしまう家族も登場しているため、自宅で学習することの効率の良さは徐々に拡大していると言えそうです。

日本にも在宅学習しかできない子どもたちもいる!

学校教育法によって小学校や中学校で義務教育をすることを定めている日本では、基本的にホームスクーリングを認めていません。

しかし実際は、いじめによる不登校やひきこもりなどの理由で、学校で勉強ができない子どもたちも増えているため、今後の日本社会でもホームスクーリングの必要性が注目視されると言えそうです。

まとめ

各国の制度や社会環境によって賛否両論のあるホームスクーリングですが、学校という社会に馴染めない子どもたちの選択肢のひとつとして、今後も発展していく傾向が高いと言えそうです。

日本でもフリースクールという形で、普通に学校で学べない学生たちの受け皿が増えてきていますので、自分の子どもに合った教育環境を与えてあげることも大事な親の作業であると言えるでしょう。

0歳から始める日本初の幼児教育はコチラ

役に立った/参考になったと思ったら共有をお願いします^^

フォローはこちら 役立つ情報配信がんばります。ぜひお願いいたします。

関連記事

lgf01a201310230800

2016.3.24

子供の近視とメガネ購入に関する基礎知識

メガネをかけている子供が急増中!? 現代社会の子供たちは、パパやママが小学 … 続きを読む

onnanoko

2015.11.10

悪天候でも大丈夫!子どもと楽しめる東京の室内レジャー施設 6選

雨や雪でも大丈夫!東京の室内レジャー施設を楽しもう! 悪天候でも利用できる室内 … 続きを読む

lgf01a201402051600

2016.3.16

赤ちゃんのしゃっくりを止める対処法 5選

赤ちゃんのしゃっくりにも対処法がある! 大人と比べてしゃっくりを起こしやす … 続きを読む

tsukamaridachi

2016.4.15

赤ちゃんを危険から守る!人気の事故防止グッズ 7選

事故防止グッズがママのストレスを減らしてくれる 好奇心によってママも想像で … 続きを読む

467fd88ade7a5ef2b3a26c4d97ff1fb6_s

2015.12.24

赤ちゃんのお祝い行事!年間スケジュール まとめ

赤ちゃんのお祝い行事は1年に5回もある! 赤ちゃんが生まれたばかりの年には … 続きを読む

katori

2016.5.23

薬品を使わずに実践できる子供の虫よけ対策 まとめ

子供の体に安全な虫よけ対策を 虫刺されの心配なく元気に外で子供を遊ばせるた … 続きを読む

4c977c3a9b299c3e5f7eaf0bf513766f_s

2016.5.5

2歳半までの虫歯予防が将来の虫歯を少なくするって本当ですか?

2歳半までの頑張りが子供の虫歯体質を回避する ママたちが毎日一生懸命お子さ … 続きを読む

angry

2016.4.13

今日から実践できる!子供の癇癪を止める秘策とは?

突然起こる癇癪に悩んでいませんか? 発作のように突然生じる子供の癇癪は、「 … 続きを読む

46ecc487e9c906fdcac6abc8691e1e2e_s

2016.5.17

子供の逆さまつげで生じるリスクと対処法ガイド

子供と大人の逆さまつげは種類も痛さも異なる 赤ちゃん~幼児期に生じる逆さま … 続きを読む

img016

2016.5.29

子供の肥満を普段の生活から改善するコツ 6選

子供の肥満が社会問題になっている 国が初めて調査を始めた頃と比べて、2~3 … 続きを読む

アクセスランキング

  1. pixta_7613375_M
    ネットで話題!子どもが解けるのに大人が解けない算数の問題 4選
  2. joji
    不器用ママでも大丈夫!初心者向けの女児服の作り方 7選
  3. c7148f3dfc14a4b66a6f348bf6fb0094_s
    子供が指しゃぶりをする理由はママへの意外なサインが隠れていた
  4. img011
    子どもが怪我をさせたときに生じる親の責任と行動 まとめ
  5. pixta_6006968_S
    言葉かけでご飯を食べる!3~4歳児に食事のヤル気を促す方法とは?

記事一覧

カテゴリー