お役立ちコンテンツ

幼児教育なら幼児教室のギフト教育ラボTOP >  幼児教育コラム > 子育て > 子供の自転車事故のリスクと自転車保険の必要性

子供の自転車事故のリスクと自転車保険の必要性

2016.5.16

bike

衝撃!子供の交通事故統計

子供が巻き込まれる交通事故は、高齢者と並んで最も割合の高い存在です。

死傷者数データで見ていくと、年間5,000人もの子供たちが登下校中に交通事故に巻き込まれていると言われています。

また学年が上がっていくと、部活動の遠征や習い事などに自転車で行くことも増えるため、結果として「自らが事故を起こして加害者になってしまうケース」も非常に多い傾向があるのです。

特に小学生達は、飛び出しなどをしやすい傾向がありますので、大事なお子さんを守るためにも大事なお子さんを守るためにも自転車運転の交通ルールや自転車保険の必要性を検討しておくべきと言えるでしょう。

今回は、交通事故を危惧する親御さん向けに、子供の自転車事故によって生じるさまざまなケースをご紹介していきます。

自転車事故で問われる責任には2つの種類がある

自転車事故で問われる責任には、刑事責任と民事責任があります。

自転車事故で相手を死傷させてしまった場合は、「自転車運転者に過失がある」と考えられるケースがほとんどのため、7年以下の懲役もしくは禁錮刑または100万円以下の罰金になる可能性があることを覚えておいてください。

また悪質な自転車運転によって起訴されると、実刑判決になるケースもあるため注意が必要です。

これに対して自転車事故によって被害者がケガを負った場合は、民事責任として慰謝料、治療費、休業損害を支払う必要が出てきます。

交通事故加害者が子供で支払い能力がない場合は、その監督義務者である親が責任を負うべきというのが民事責任の考え方なのです。

子供の自転車運転が悪質な場合は、親が子供の監督義務を怠ったという理由で高額な慰謝料や損害賠償支払い命令が出たケースも多く見受けられますので、自転車を運転する我が子に対して「まだ子供だから」と楽観視せずに自転車保険に加入しておくことが理想と考えられています。

自転車による交通事故で子供が被害者になるケース

ここからは、さまざまな交通事故事例から自転車保険の特約や必要性について考えていきたいと思います。

子供が自転車事故の被害者になるケースには、自転車運転中だけでなく、徒歩による登下校中といったさまざまなシーンが想定されます。

ケガをさせられた場合は加害者との示談交渉を行い、慰謝料や治療費などを請求する形となりますので、必ず相手の連絡先を聞いておくべきと言われるようになりました。

そんな示談交渉にも、加害者が個人賠償責任保険や自転車保険に加入していないという理由で、なかなか交渉が進まないケースが存在します、

このような場合は、被害者と加害者という個人レベルの交渉では相手に逃げられてしまうことも考えられますので、自転車保険の弁護士費用特約を活用して示談交渉のプロフェッショナルである弁護士に相談するのが理想と言えるでしょう。

自転車による交通事故で子供が加害者になるケース

大人と比べて注意力の低い子供は、自分が加害者になってしまう自転車事故を起こしやしい存在です。

特に急スピードを出している自転車は、ゆっくり走っている自動車以上の破壊力がありますので、被害者の後遺症やケガが大きくなるケースも多く存在しているのです。

このようなときにスムーズに賠償責任を負うためにも、火災保険や傷害保険の特約を使ったり、自転車保険に加入する必要があると言われています。

また運転者が無防備な状態である自転車事故の場合は、「被害者・加害者とも大怪我を負ってしまう」というケースも多く見受けられますので、被害者のことだけを考えるのではなく、自分自身のケガも補償できる自転車保険に加入しておくことが理想と言えるでしょう。

子供の責任能力は何歳から認められるの?

子供の責任能力が認められるのは、一般的に14歳以上とされています。

14歳未満の子供たちが自転車事故の加害者になった場合は、責任能力のないお子さんの代わりに家族が損害賠償の支払いなどをする必要があるため、注意が必要です。

しかしそんな子供が14歳以上になったとしても、親御さんのお金で学生生活を過ごしている中学生や高校生である限り、数十万円~数百万円にも及ぶ損害賠償を自分で支払うことは現実的ではありませんので、運転者が何歳であっても自転車保険に加入しておくべきと言えるのです。

また警察庁の発表によると、自転車事故の17%が15歳以下の子供たちによって起きたものとされていますので、「事故に遭うリスクの高さ」という視点で考えても早い段階で自転車保険に加入しておくことが理想と言えそうです。

0歳から始める日本初の幼児教育はコチラ

役に立った/参考になったと思ったら共有をお願いします^^

フォローはこちら 役立つ情報配信がんばります。ぜひお願いいたします。

関連記事

ec2b7bc99552633a9b99e2a7ce92f07e_s

2015.12.24

親戚から未就学児にお年玉をあげる際の相場とは?

意外と知らないお年玉の相場と常識! 親族のお正月には欠かせないお年玉ですが … 続きを読む

img015

2016.2.24

パパのメタボも改善!子どもの運動神経や体力をアップさせる3分遊びとは?

パパとの遊びが運動神経を伸ばす! 仕事が忙しく、ゆっくり子どもと外に出る余 … 続きを読む

img002

2016.2.10

兄弟差別を受けた子どもに生じるコンプレックスと人生への影響とは?

自分の子どもに対して「みんな平等に可愛い」と思えない親が増加中 人気テレビ … 続きを読む

d2c5077a3766fdba0247d6ad30121bbb_s

2015.12.24

スマホアプリも活用!子供にひらがなを教える際のポイントとは?

ひらがなの習得には個人差がある! ひらがなに興味を持ち始める年齢には個人差があ … 続きを読む

Dollarphotoclub_80968901

2016.5.27

子連れ出勤によって得られるメリット・デメリット

子連れ出勤ができる会社が日本でも増えてきた 「子供のいるママの働き方を応援 … 続きを読む

pixta_6481418_S

2015.9.23

幼児の言語能力アップ!親の「話しかけ」が発達に繋がる理由とは?

言語能力の発達に繋がる!幼児にはたくさん話しかけて! 米スタンフォード大学の研 … 続きを読む

lgf01a201408101300

2016.3.30

赤ちゃんのおしゃぶりに隠された意外なメリットとデメリット

おしゃぶりの必要性に悩むママが増えている! 出産祝いでおしゃぶりをもらった … 続きを読む

angry

2016.4.13

今日から実践できる!子供の癇癪を止める秘策とは?

突然起こる癇癪に悩んでいませんか? 発作のように突然生じる子供の癇癪は、「 … 続きを読む

pixta_1187519_L

2015.9.23

読み聞かせで脳と心が育つ!ファーストブックにおすすめの絵本 5選

読み聞かせを行うメリットとは? 赤ちゃんにとっても読み聞かせは、「お母さんの声 … 続きを読む

Dollarphotoclub_78139816

2015.10.26

お守りにもなる!赤ちゃんの髪の毛で作る「誕生筆」とは?

誕生筆とは? 誕生筆とは赤ちゃんがママのお腹の中にいる頃から生えていた「胎毛」 … 続きを読む

アクセスランキング

  1. pixta_7613375_M
    ネットで話題!子どもが解けるのに大人が解けない算数の問題 4選
  2. joji
    不器用ママでも大丈夫!初心者向けの女児服の作り方 7選
  3. pixta_6006968_S
    言葉かけでご飯を食べる!3~4歳児に食事のヤル気を促す方法とは?
  4. img011
    子どもが怪我をさせたときに生じる親の責任と行動 まとめ
  5. cokking
    親子で通える人気の料理教室!6選 東京編

記事一覧

カテゴリー