お役立ちコンテンツ

幼児教育なら幼児教室のギフト教育ラボTOP >  幼児教育コラム > 子育て > 子供の肥満を普段の生活から改善するコツ 6選

子供の肥満を普段の生活から改善するコツ 6選

2016.5.29

img016

子供の肥満が社会問題になっている

国が初めて調査を始めた頃と比べて、2~3倍の子供たちが肥満傾向になっていると言われています。

また近年では、肥満に伴って生じる子供の糖尿病や動脈硬化が問題視されていますので、お子さんの体調管理の一環として「肥満予防をすべき」と考えて良いでしょう。

今回は、毎日の生活の中で比較的簡単に実践できる「子供の肥満解消法」をご紹介していきます。

規則正しい生活習慣

規則正しい生活習慣の中で、食事やおやつの時間を決めると、無駄なカロリー摂取がなくなることで肥満予防が可能となります。

またお菓子やパンを食べたがる子供に対して「今はおやつの時間じゃないでしょ?」といった話もできるため、ワガママ予防という意味でも規則正しい生活習慣はメリットが高いと言われているのです。

家族でレジャーに出掛けた時は外出先でアイスクリームなどを食べることも仕方がありませんが、自宅にいる時には規則正しい生活習慣を通して「食べ物を口に入れるのは○時と○時だけ」というルールを決めることが家族みんなの健康に繋がります。

朝ごはんを食べさせる

たくさんのメリットがある朝ごはんは、絶対に子供に食べさせるべき存在です。

きちんと朝ごはんを食べる子供は、就寝中に休んでいた胃腸が活性化して、肥満にも関係する便秘になりにくくなります。

また朝食には「脂肪燃焼の促進」や「体温を高める」といったダイエット効果もありますので、太っている子供ほど食べるべきと言えるでしょう。

朝食を通して基礎代謝を高めるためには、卵、肉、魚、豆製品といった良質なタンパク質の摂取がおすすめです。

子供の栄養や健康に関する研究の中には、バランスの良い朝食を食べている子供ほど、学業成績が高いといったデータもありますので、学校での勉強へのエネルギーを補給するためにも朝食を軸とした食習慣を心掛けるようにしてください。

バランスの良い食事を与える

肥満になってしまった子供を痩せさせるためには、バランスの良い食事を与える必要があります。

成長中の子供にダイエットフードなどを与えてしまうと、脳の発育に支障が出ることもありますので、心身をきちんと育てるためにも栄養バランスの良いメニューを考えるようにしてください。

食習慣が欧米化している日本の子供たちは、ピザや菓子パン、ジャンクフードばかりを食べることで、ダイエットに欠かせない食物繊維不足が問題視されています。

また水分や老廃物によるむくみを改善するためには、良質なミネラルも大事な栄養素となりますので、野菜、フルーツ、きのこなどを食生活婦取り入れることも肥満解消に繋がる良策であると言えるでしょう。

バランスの良い食生活がイメージできない場合は、日本に古くから伝わる一汁三菜でメニューを考えるのがおすすめです。

食事に対してポジティブなイメージを与える

家族で囲む食卓の雰囲気が悪かったり、お母さんが作る料理が不味いといった「食事に対するネガティブな要素」が多い環境で育った子供は、1日3回の食事よりもお菓子やパンなどを好むようになると言われています。

また嫌いな野菜などを無理矢理食べさせられた経験を持つ子供は、食事に対するトラウマによって偏食が酷くなることもあるため、注意が必要です。

このようなトラブルによって「きちんと栄養を摂らない状態」を回避するためには、家族で囲む食卓を楽しい場所にする配慮や、嫌いな野菜を細かく刻むなどの工夫も必要になると言えそうです。

なるべく外で遊ばせる

家庭用ゲーム機やスマートフォンを持っている子供は、ネットを通して友達と繋がることが増える結果として、外出を全くしなくなります。

またゲームばかりしている子供は肥満以外に運動神経の低下といった問題も抱えやすくなりますので、健康な体を作るためにも「天気の良い日は外で遊ばせること」を徹底すべきと言えるのです。

子供がなかなか外に出たがらない場合は、散歩やサイクリング、ピクニックなどを通して「屋外で遊ぶ楽しさ」を教えてあげると良いでしょう。

子供の体型や体重に注意する

子供の肥満の背景には、親が「子供の体重や体型に無関心である」という原因も大きいといわれています。

特に共働きなどの理由で子供と接する機会のない家庭の場合は、「気がついたら子供が肥満になっていた」ということもありますので、注意が必要です。

子供の体重は「1年で5kgまで」が目安とされていますので、それ以上の増加が考えられる時には親子のコミュニケーションを通して生活習慣などを見直すべきと言えるでしょう。

0歳から始める日本初の幼児教育はコチラ

役に立った/参考になったと思ったら共有をお願いします^^

フォローはこちら 役立つ情報配信がんばります。ぜひお願いいたします。

関連記事

大人用ボディーソープはNG!赤ちゃんの入浴に良いベビーソープとは?

2015.11.11

大人用ボディーソープはNG!赤ちゃんの入浴に良いベビーソープとは?

赤ちゃんの入浴にベビーソープを活用しよう! デリケートな肌を持つ赤ちゃんの … 続きを読む

katori

2016.5.23

薬品を使わずに実践できる子供の虫よけ対策 まとめ

子供の体に安全な虫よけ対策を 虫刺されの心配なく元気に外で子供を遊ばせるた … 続きを読む

71868996f9e343f843523e381f7d0c22_s

2015.12.24

成長の証!口答えの多い中間反抗期の対策とは?

小学校2~3年生の口答えは中間反抗期かもしれない! 小学校2~3年生になる … 続きを読む

学校に通わせない!ホームスクーリングで在宅学習する子どもが世界で急増中

2015.11.10

学校に通わせない!ホームスクーリングで在宅学習する子どもが世界で急増中

「学校に通わせない」という選択をしている親もいる! 世界には、子どもを学校 … 続きを読む

sleep

2016.4.12

毎日続く子供の歯ぎしり!原因がストレスではないって本当ですか?

歯ぎしりはママを不安にさせる存在? 夜中にギシギシと音を立てる子供の歯ぎし … 続きを読む

SIDSで突然死も!?赤ちゃんに厚着をさせない方が良い理由とは?

2015.11.10

SIDSで突然死も!?赤ちゃんに厚着をさせない方が良い理由とは?

健康のためにも赤ちゃんに厚着をさせないで! 心配事の多いママは「赤ちゃんに … 続きを読む

img002

2016.2.10

兄弟差別を受けた子どもに生じるコンプレックスと人生への影響とは?

自分の子どもに対して「みんな平等に可愛い」と思えない親が増加中 人気テレビ … 続きを読む

dcdfabdb0ee6c2111b00408208fdfd4e_s

2015.12.24

玩具の手作りもできる!知育に適した日本のお正月遊び 7選

伝統遊戯で日本の子供らしいお正月を! 和の風情を堪能できる正月は、日本の良 … 続きを読む

pixta_11042114_S

2015.9.23

食事のマナーを幼児期からしつける理由とは?

食事マナーはなぜ必要なの? 食事を行う際のマナーは、幼少期からしつけることが理 … 続きを読む

32ed490ab13f2129dd8f5152c85edeeb_m

2016.3.20

ママも楽しい!海外風バースデーパーティーのアイデア集

親も楽しい!海外風バースデーパーティーが大人気! instagramに掲載 … 続きを読む

アクセスランキング

  1. pixta_7613375_M
    ネットで話題!子どもが解けるのに大人が解けない算数の問題 4選
  2. joji
    不器用ママでも大丈夫!初心者向けの女児服の作り方 7選
  3. img011
    子どもが怪我をさせたときに生じる親の責任と行動 まとめ
  4. pixta_6006968_S
    言葉かけでご飯を食べる!3~4歳児に食事のヤル気を促す方法とは?
  5. c7148f3dfc14a4b66a6f348bf6fb0094_s
    子供が指しゃぶりをする理由はママへの意外なサインが隠れていた

記事一覧

カテゴリー