お役立ちコンテンツ

幼児教育なら幼児教室のギフト教育ラボTOP >  幼児教育コラム > 食べ物 > 子供の偏食によって生じる健康被害やリスクとは?

子供の偏食によって生じる健康被害やリスクとは?

2016.3.22

yasai

子供の偏食に戸惑うママは非常に多い!

頑張って作った料理を全く食べてくれない偏食は、ママの育児や家事に対するモチベーションを一気に下げる悩みのひとつです。

また偏食の酷い子供の場合は、「ご飯を毛嫌いする割には、お菓子やスイーツばかりを食べている」ということもあるため、「自分の料理に何か問題があるのだろうか?」と苦悩するママも多く存在しています。

今回は「子供になんとかご飯を食べてもらいたい!」と考える親御さん向けに、偏食に陥る子供たちの気持ちや原因などを詳しくご紹介していきたいと思います。

偏食の原因1 大人と味覚が違う

舌の下にある「味らい」と呼ばれる味覚センサーは、10歳前後に最も発達して、30~40歳になると少しずつ低下するといった特徴を持っています。

そのため味らいが急成長中の子供たちは研ぎ澄まされた味覚センサーを持っているため、結果として「親よりも美味しい・不味いを的確に判断できる」と言えるのです。

子供の味覚センサーから偏食について考えると、パパやママが何とも感じずに食べている料理に対して、お子さんは「不味い」と思っているケースが非常に多いため、注意が必要です。

子供の偏食をなくすためには、ママの料理の腕が非常に大事な要素となりますので、毎日の生活を通して「誰もが納得できる味わいを再現すること」を心がけてみてください。

偏食の原因2 トラウマがある

子供たちが特定の食べ物を拒む原因の中には、「これを食べていた時に嫌な気持ちになったから」といった過去の経験やトラウマが大きく関係していることがあるようです。

この場合は、そのトラウマを解消することで偏食が改善するケースも多く見受けられますので、まずは「なぜこの食べ物が嫌いなのか」を優しく聞いてみると良いでしょう。

子供たちは過去のネガティブな感情を心の奥底に封じ込めてしまう傾向もありますので、普段のコミュニケーションを通して「どんなことでも話しやすい親子関係を築くこと」もトラウマや偏食の改善に繋がる大事な取り組みと言えそうです。

偏食の原因3 食べ慣れないものが出てきた

初めてトライする食べ物に対する拒絶のことを、ネオフォビア(新規恐怖)と呼びます。

過去に新しい食べ物を摂取した時に強い不快感があると、味覚嫌悪学習によりその次から「新しい食べ物全般」を拒むようになってしまうのです。

また逆に初体験で「とても美味しい!」などの満足感が得られた場合は、その食べ物への嗜好がアップする味覚嗜好学習に繋がりますので、初めて与える食べ物の味や印象を高めてあげることが子供の偏食を軽減するポイントであるとも言えるでしょう。

偏食による悪影響1 発達に支障が出る

ここからは、偏食によってお子さんたちに生じる悪影響をご紹介していきます。

偏食の問題で最も大きいのは、心や脳、体の発達の支障をきたすことです。

偏食によって「これは嫌い、こっちは好き」と言っている子供たちは、確実に栄養バランスが崩れています。

心身の成長を促すためには「バランスの良い栄養」が必要となりますので、味付けを変えたり、ケーキやジュースに野菜を混ぜ込むなどして、なるべくさまざまな食材を摂取できるように促すことがママの役割とも言えます。

またケーキやハンバーグに入れた野菜を食べて「嫌いなものの克服」ができれば、食材に対するネガティブなイメージやトラウマも解消しますので、なるべく早い年齢のうちに好き嫌いを克服させる努力を行うようにしてください。

偏食による悪影響2 集中力が低下する

偏食によって摂取できる食べ物にアンバランスが生じている子供たちは、学校の勉強や自主学習、スポーツといったシーンでも集中力が低い傾向があります。

脳を効率よく動かすためには、朝食時にバランスの良い食事をする必要がありますので、「お腹が空いていないから!」といった理由で欠食が続いている場合も早めに改善をした方が良いと言えるでしょう。

偏食による悪影響3 風邪や病気にかかりやすくなる

偏食によってミネラルや食物繊維の摂取ができなくなると、腸内環境の悪化によって免疫力が低下しやすくなります。

特に保育園や幼稚園に通う子供たちは、インフルエンザなどにかからないために免疫力を高める必要がありますので、集団生活をする前に偏食を治すことが理想と言えるでしょう。

偏食による悪影響4 コミュニケーションや協調性の支障が出る

酷い偏食を長年放置しておくと、お友達の誕生会やお呼ばれの席でも「自分はこれを食べられない」とワガママを主張する子供に育ってしまいます。

また大人になっても偏食が治らない人は、会社の上司や取引先との会食もできないといった支障を抱えるようになりますので、食事を通したコミュニケーションを円滑にできるようにするためにも、子供のうちに偏食を改善させることが親の努めであると言えるでしょう。

0歳から始める日本初の幼児教育はコチラ

役に立った/参考になったと思ったら共有をお願いします^^

フォローはこちら 役立つ情報配信がんばります。ぜひお願いいたします。

関連記事

pixta_11042114_S

2016.5.19

離乳食開始1ヶ月の注意点と献立スケジュール

新米ママを悩ませる離乳食1~2ヶ月目 離乳食を始めたばかりの1~2ヶ月目は … 続きを読む

乳幼児に食べさせてはいけない食材まとめ

2015.11.10

乳幼児に食べさせてはいけない食材まとめ

安全な離乳食を作るためにNG食材を把握しておこう! 離乳食を始めたばかりの … 続きを読む

pixta_10101077_S

2015.9.23

絶対に与えないで!赤ちゃんや幼児が食べない方が良いものとは?

水道水 調乳などで使う水道水は、「最も赤ちゃんに与えてはいけない」とされている … 続きを読む

img006

2016.2.14

食育を通して教えたい!子どもにとって毒になる食べ物 まとめ

大人も注意!毒性の強い食べ物! お子さんが何でも口の中に入れてしまう時期は … 続きを読む

Dollarphotoclub_39680868

2015.9.23

手軽に野菜たっぷり!ママが抱える離乳食の悩みを解決しよう

離乳食のメニュー作りが多くのママを悩ませている! 離乳食を始めたばかりのママは … 続きを読む

3abe1a141c07071894ca249ed8e4e7c6_s

2016.3.12

ご飯やパンだけでは栄養不足!子供に適した朝食メニューとは?

勉強を頑張る子供たちには朝ごはんが欠かせない! 近年の日本では、高まり続け … 続きを読む

sashimi

2016.3.18

生野菜、お刺身、スパイスはいつから子供に解禁して良い?

ママたちを悩ませる食べ物の解禁! ネット上に子育て情報がたくさん掲載されて … 続きを読む

n1303122198

2016.3.25

今日から実践できる!子供の野菜嫌い克服法 4選

野菜嫌いはなぜ解消すべきなの? 子供のイヤイヤ期と同時に始まる野菜嫌いは、 … 続きを読む

Dollarphotoclub_87551650

2015.9.23

肥満やアレルギーも改善する!?機能性ヨーグルトの特徴と効果まとめ

確認!機能性ヨーグルトとは? 機能性ヨーグルトとは、「整腸以外の作用を持つ乳酸 … 続きを読む

アクセスランキング

  1. pixta_7613375_M
    ネットで話題!子どもが解けるのに大人が解けない算数の問題 4選
  2. joji
    不器用ママでも大丈夫!初心者向けの女児服の作り方 7選
  3. c7148f3dfc14a4b66a6f348bf6fb0094_s
    子供が指しゃぶりをする理由はママへの意外なサインが隠れていた
  4. img011
    子どもが怪我をさせたときに生じる親の責任と行動 まとめ
  5. pixta_6006968_S
    言葉かけでご飯を食べる!3~4歳児に食事のヤル気を促す方法とは?

記事一覧

カテゴリー