お役立ちコンテンツ

幼児教育なら幼児教室のギフト教育ラボTOP >  幼児教育コラム > 子育て > 子供が指しゃぶりをする理由はママへの意外なサインが隠れていた

子供が指しゃぶりをする理由はママへの意外なサインが隠れていた

2016.5.7

c7148f3dfc14a4b66a6f348bf6fb0094_s

指しゃぶりの原因を知って適切な対処をしましょう

赤ちゃんの頃は可愛らしい指しゃぶりも、幼稚園入園の頃まで続いてしまうと、ママにとっての心配の種になることも多いと言われています。

そんな指しゃぶりは専門用語で「口腔習癖」と呼ばれることもあるため、あまりにも酷い・やめられない場合は、早めに対処法を考えた方が良い存在と言えるでしょう。

今回は、子供たちが指しゃぶりをする心理や問題といった角度から、この症状の改善策を考えていきたいと思います。

指しゃぶりをする子供に考えられる理由や原因とは?

指しゃぶりをする子供たちの大半は、ストレスや不安、愛情不足といった「精神的な問題」を抱えています。

《眠い》
指しゃぶりをする赤ちゃんは、眠気によって生じるイライラを抱える傾向が高いと言われています。また幼い頃からおしゃぶりなどを使っていると、ママのおっぱいを吸っているような安心感によって安眠できるようになるのです。

指しゃぶり=導眠剤と考えれば、メリットも「ない」とは言えないかもしれません。しかし小学校入学以降も指しゃぶりをしていると、友達からの指摘によって本人の心が大きく傷つくこともありますので、なるべく早めにやめさせるのが理想と言えるでしょう。

《パパやママにかまって欲しい》
3~4歳になっても指しゃぶりや爪噛みが止められない子供は、親御さんの愛情に飢えている傾向が高いと言われています。特にスマートフォンが普及した今の時代は、親子が同じ空間にいても別々のことをしている状況が増えているため、絵本の読み聞かせなどの機会が減ってお子さんたちが愛情不足に陥ってしまうのです。

またパパやママの愛情に飢えている子供は、癇癪などの爆発も起こしやすい傾向がありますので、なかなか止められない指しゃぶりを行っている場合は、子供の抱えている不安や親子関係について見直して見た方が良いかもしれません。

まだ保育園や幼稚園に入っていない子供が指しゃぶりを止められない場合は、これまで育ってきた家庭環境やパパ、ママ、兄弟との関係にストレスや悩みを抱えていると考えて良いかもしれません。

もし愛情の問題などについて客観的な分析が厳しい場合は、かかりつけの歯科や小児科などの先生や、児童支援に関する公共施設で相談してみても良いでしょう。

指しゃぶりによって生じる問題とは?

指しゃぶりによって生じるデメリットや問題がわかると、早めに止めさせた方が良い理由も理解しやくなると思います。

《歯並びが悪くなる》
長きに渡って続いている指しゃぶりは、おしゃぶりの長期使用と同じで、顎の発達や歯並びに大きく関係する問題と考えられています。特に片方の指ばかりをしゃぶっている子供は、歯並びや顎の発達が左右アンバランスになるようです。

《不衛生である》
指しゃぶりを行っている子供たちは、無意識のうちに自分の指を口の中に入れています。幼稚園や病院などで指をしてしまうと、ウイルスや雑菌を口に入れてしまうこともあるため、注意が必要です。ママが目を離した隙に指しゃぶりをする場合は、風邪やインフルエンザにかからないようにするためにも、手洗いを通して衛生面を高める必要があると言えるでしょう。

《指や爪の形状に影響が出る》
形状に影響があるのは、歯だけではありません。指しゃぶりを頻繁にしている子供は、爪の歪みや指タコができやすくなります。また幼い頃に変形した指は大人になってからもそのまま残る傾向も高いと言われていますので、ネイルや指輪を楽しみたい年齢になって後悔しないためにも、なるべく早めにやめさせるべき存在と言えそうです。

指しゃぶりをやめさせるためには?

子育てメディアなどで紹介されている指しゃぶりをやめさせる方法には、バイターストップなどを使った「物理的な方法」と、親子関係の改善やストレス解消といった「心理的な方法」の2つがあります。

苦味の強いトップコートを爪に塗るバイターストップは、指しゃぶりへの物理的なアプローチの定番商品とも言える存在です。

バイターストップを指に塗れば、確かに子供たちの指しゃぶりは一時的に止まるかもしれません。

しかし実際は、このアイテムの使用によって「これまで安心してしゃぶれた指に変な味が付いている!」といった更なるストレスが生まれて、指しゃぶり以外の行動化へと発展するケースがほとんどと言われているため、注意が必要です。

このような実情から考えても、バイターストップや紙テープといった物理的なものに頼るよりは、ママとの関係を深めると言った精神的なアプローチをすることが根本的な問題の解決に繋がると言えるでしょう。

0歳から始める日本初の幼児教育はコチラ

役に立った/参考になったと思ったら共有をお願いします^^

フォローはこちら 役立つ情報配信がんばります。ぜひお願いいたします。

関連記事

img003

2016.2.11

デザインより安全性!紐にまつわる乳幼児の事故を予防しよう

子どもの「紐」に関する事故が急増している! ファッション性を高める理由で「 … 続きを読む

brond

2015.12.24

独自の教育法!テストのないフィンランドが世界1位の学力である理由とは?

教育ママ必見!フィンランド独自の教育法をご紹介! 世界的に子供の学力が1位とな … 続きを読む

教科書もレンタル!日本とアメリカの学校の違いを知ろう!

2015.11.10

教科書もレンタル!日本とアメリカの学校の違いを知ろう!

自由の国アメリカは学校も自由!? 自由の国・アメリカでは、日本と全く異なる … 続きを読む

lgf01a201408101300

2016.3.30

赤ちゃんのおしゃぶりに隠された意外なメリットとデメリット

おしゃぶりの必要性に悩むママが増えている! 出産祝いでおしゃぶりをもらった … 続きを読む

OKする若い女性

2016.4.28

マンション暮らしでも大丈夫!子供の抜けた歯の処理方法ガイド

さまざまな説のある抜けた乳歯の扱い方 5~6歳ぐらいから歯の生え変わりが始 … 続きを読む

d2c5077a3766fdba0247d6ad30121bbb_s

2015.12.24

スマホアプリも活用!子供にひらがなを教える際のポイントとは?

ひらがなの習得には個人差がある! ひらがなに興味を持ち始める年齢には個人差があ … 続きを読む

夜泣きも解消!赤ちゃんが安らかに眠れる音楽アプリ 6選

2015.11.10

夜泣きも解消!赤ちゃんが安らかに眠れる音楽アプリ 6選

子どもの眠りを誘う音楽アプリを活用しよう! 不安やストレスによって泣いている赤 … 続きを読む

宿題代行は絶対にNG!子どもの自主性を育む親の宿題サポートとは?

2015.11.11

宿題代行は絶対にNG!子どもの自主性を育む親の宿題サポートとは?

その手伝い方はNG!親が行うべき宿題のサポートとは? 小学生が毎日持ち帰っ … 続きを読む

乳幼児に食べさせてはいけない食材まとめ

2015.11.10

乳幼児に食べさせてはいけない食材まとめ

安全な離乳食を作るためにNG食材を把握しておこう! 離乳食を始めたばかりの … 続きを読む

mofuku

2016.5.30

葬式や法事に何を着せれば良い?意外と知られていない子供服マナーガイド

子供の場合は葬儀に着用できる服装が違う 大人と比べて正装をする機会の少ない … 続きを読む

アクセスランキング

  1. pixta_7613375_M
    ネットで話題!子どもが解けるのに大人が解けない算数の問題 4選
  2. joji
    不器用ママでも大丈夫!初心者向けの女児服の作り方 7選
  3. c7148f3dfc14a4b66a6f348bf6fb0094_s
    子供が指しゃぶりをする理由はママへの意外なサインが隠れていた
  4. img011
    子どもが怪我をさせたときに生じる親の責任と行動 まとめ
  5. pixta_6006968_S
    言葉かけでご飯を食べる!3~4歳児に食事のヤル気を促す方法とは?

記事一覧

カテゴリー