お役立ちコンテンツ

幼児教育なら幼児教室のギフト教育ラボTOP >  幼児教育コラム > 食べ物 > 今日から実践できる!子供の野菜嫌い克服法 4選

今日から実践できる!子供の野菜嫌い克服法 4選

2016.3.25

n1303122198

野菜嫌いはなぜ解消すべきなの?

子供のイヤイヤ期と同時に始まる野菜嫌いは、毎日食事のメニューを考えるママたちを悩ませる存在です。

そんな野菜嫌いを放置しておくと、お子さんの脳や体の発達に停滞が生じるようになります。

また野菜嫌いを含めた偏食は免疫力の低下という結果を招くこともあるため、幼稚園や保育園でインフルエンザなどにかからない子供を育てるためにも、なるべく早めに解消すべき問題と言えるのです。

今回は我が子の野菜嫌いに苦悩するママ向けに、野菜を上手く食べさせるポイントを詳しくご紹介していきます。

無理矢理食べさせるのは絶対にNGです!

「本人のためだから!」と言って無理に野菜を食べさせることは、絶対にしないでください。

無理矢理嫌いなものを食べさせられたネガティブな体験は、食べ物や食事全般に悪いイメージを植え付ける原因となるため、注意が必要です。

また自我が芽生える2歳ぐらいの子供たちは、「強制されればされるほど、拒否をしたがる」というイヤイヤ期に突入しているため、無理強いをすることほど悪循環を招く要因がないと言われているのです。

野菜嫌いの克服方法1 「なぜ嫌いか?」を聞いてみる

野菜嫌いの克服にトライする際には、まず「なぜこの野菜が嫌いか?」という理由を聞くことから始めてみてください。

苦さなどの味が苦手な場合は、カレー粉などを一緒に調理をすることで野菜嫌いの克服が可能となります。

また食感に嫌悪感を抱いている場合は、「細かく切る」とか「煮込む」といった調理法によって苦手意識の克服も期待できますので、まずは子供の意見を聞いて調理法を変えることからチャレンジしてみてください。

野菜嫌いの克服方法2 食べられるメニューを突破口にする

生の人参が嫌いな子供でも、他の野菜と一緒に煮ているカレーやシチューが食べられることは多いです。

カレーなどを食べている子供に対して「人参の美味しさ」を実感してもらうと、人参という野菜にネガティブなイメージがつかなくなるのです。

また本人の中でも「カレーは食べられるのに、野菜サラダにすると苦手」という課題が明確になりますので、ただ漠然と「嫌い」と思っているよりも遥かに克服しやすくなると言えるでしょう。

野菜嫌いの克服方法3 調理法を変えてみる

ママの料理のバリエーションの増やすことは、野菜嫌いや偏食を克服する上で欠かせない取り組みです。

子供の頭の中に入ったネガティブなイメージを一掃するには、その固定概念を塗り替えるほどの斬新なメニュー作りがおすすめです。

またミキサーやフードプロセッサーを多用することで、いろいろな野菜を自然に料理の中に入れることもできますので、子供たちの好き嫌いを解消するために調理家電を1台購入しておいても良いでしょう。

野菜嫌いの克服方法4 たくさん褒めてあげる

これまで苦手だった野菜を食べられた時には、きちんと褒めてあげてください。

パパやママから褒められることが大好きな子供たちは、「褒められるために頑張ること」が大好きです。

また苦手なものの克服には「本人の力だけではどうにもならない事象」もたくさんありますので、両親が「褒める」とか「激励する」といった応援団になることも非常に重要だと言えるのです。

ひとつの野菜を克服してたくさん褒めてあげた後には、「次はピーマンにチャレンジしてみようか?」と提案をすることで、今後の目標も明確になると言えるでしょう。

野菜を自然に摂取できるメニューとは?

どうしてもクリアできない偏食がある場合は、自然に野菜を入れられる下記のメニューを活用してみてください。

《ミネストローネ》
トマト風味でいろいろな食材を煮込むミネストローネは、「野菜の味が際立たない」という意味でもおすすめ度の高いメニューです。毎日同じミネストローネを作っていると「今日は違う食材が入っている!」と気付かれてしまいますので、食材や隠し味を定期的に変えてみると良いでしょう。

《オムライス》
子供たちが大好きなオムライスも、野菜の摂取におすすめのメニューです。フードプロセッサーを使って細かくしたピーマンや人参をトマトケチャップでしっかり炒めれば、意外と簡単に克服できる子供が多いと言われています。

《ハンバーグ》
子供の大好きな肉料理は、こっそり野菜を入れるのに適したメニューです。どうしても野菜嫌いが克服できず、栄養面での心配がある場合は、本人が気づかないレベルでハンバーグや餃子などの肉メニューに野菜を入れてあげると良いでしょう。

《パンケーキ》
フードプロセッサーで細かくした野菜をパンケーキに入れると、健康的なおやつが完成します。ホットケーキミックスを使って作るドーナツなどにも細かな野菜は良く馴染みますので、「食事を進んで取らない子供」にもおやつやスイーツの活用はおすすめと言えそうです。

0歳から始める日本初の幼児教育はコチラ

役に立った/参考になったと思ったら共有をお願いします^^

フォローはこちら 役立つ情報配信がんばります。ぜひお願いいたします。

関連記事

乳幼児に食べさせてはいけない食材まとめ

2015.11.10

乳幼児に食べさせてはいけない食材まとめ

安全な離乳食を作るためにNG食材を把握しておこう! 離乳食を始めたばかりの … 続きを読む

pixta_11042114_S

2016.5.19

離乳食開始1ヶ月の注意点と献立スケジュール

新米ママを悩ませる離乳食1~2ヶ月目 離乳食を始めたばかりの1~2ヶ月目は … 続きを読む

Dollarphotoclub_39680868

2015.9.23

手軽に野菜たっぷり!ママが抱える離乳食の悩みを解決しよう

離乳食のメニュー作りが多くのママを悩ませている! 離乳食を始めたばかりのママは … 続きを読む

pixta_10101077_S

2015.9.23

絶対に与えないで!赤ちゃんや幼児が食べない方が良いものとは?

水道水 調乳などで使う水道水は、「最も赤ちゃんに与えてはいけない」とされている … 続きを読む

sashimi

2016.3.18

生野菜、お刺身、スパイスはいつから子供に解禁して良い?

ママたちを悩ませる食べ物の解禁! ネット上に子育て情報がたくさん掲載されて … 続きを読む

Dollarphotoclub_87551650

2015.9.23

肥満やアレルギーも改善する!?機能性ヨーグルトの特徴と効果まとめ

確認!機能性ヨーグルトとは? 機能性ヨーグルトとは、「整腸以外の作用を持つ乳酸 … 続きを読む

img006

2016.2.14

食育を通して教えたい!子どもにとって毒になる食べ物 まとめ

大人も注意!毒性の強い食べ物! お子さんが何でも口の中に入れてしまう時期は … 続きを読む

3abe1a141c07071894ca249ed8e4e7c6_s

2016.3.12

ご飯やパンだけでは栄養不足!子供に適した朝食メニューとは?

勉強を頑張る子供たちには朝ごはんが欠かせない! 近年の日本では、高まり続け … 続きを読む

yasai

2016.3.22

子供の偏食によって生じる健康被害やリスクとは?

子供の偏食に戸惑うママは非常に多い! 頑張って作った料理を全く食べてくれな … 続きを読む

アクセスランキング

  1. pixta_7613375_M
    ネットで話題!子どもが解けるのに大人が解けない算数の問題 4選
  2. joji
    不器用ママでも大丈夫!初心者向けの女児服の作り方 7選
  3. c7148f3dfc14a4b66a6f348bf6fb0094_s
    子供が指しゃぶりをする理由はママへの意外なサインが隠れていた
  4. img011
    子どもが怪我をさせたときに生じる親の責任と行動 まとめ
  5. pixta_6006968_S
    言葉かけでご飯を食べる!3~4歳児に食事のヤル気を促す方法とは?

記事一覧

カテゴリー