お役立ちコンテンツ

幼児教育なら幼児教室のギフト教育ラボTOP >  幼児教育コラム > 子育て > 今日から実践できる!子供の癇癪を止める秘策とは?

今日から実践できる!子供の癇癪を止める秘策とは?

2016.4.13

angry

突然起こる癇癪に悩んでいませんか?

発作のように突然生じる子供の癇癪は、「その裏にメッセージが隠されている」と考えれば、対処や予防がしやすくなると言われています。

特に頻発する癇癪は、「心の中に強い問題が隠れている証」とも言われていますので、予防だけに目を向けるのではなく、そんな行動した起こせない不器用な我が子の本心と向き合ってみると良いでしょう。

今回は、お子さんの癇癪に戸惑いや苦悩を抱えているママ向けに、受け止めてあげるべきメッセージの意味や対処法を詳しく紹介していきます。

子供が癇癪を起こす理由1 ママに注目して欲しい

ママがスマートフォンや「子供以外のこと」に夢中になっていて、愛情不足に陥っている子供たちは、「自分を見て欲しい」という強い気持ちによって両親の気をひくための癇癪を起こす傾向があります。

またこの気持ちは癇癪以外に暴力やいじめ、万引きといった問題行動で表現されること多いため、大事なお子さんの異変を感じたら「自分はきちんと愛情を与えているか?」を考えるべき時期に来ているとも言えるのです。

この理由に該当する際に最初に行うべきなのは、「癇癪はママの気をひく最善の方法ではない」という基本を教えることです。

ママ自身の自己肯定感が低すぎると、癇癪を起こした子どもに対して「私の愛情が不足しているんだ!」と自責することで、癇癪→溺愛→普段の無関心→…という悪循環を起こしやすくなります。

そしてママが再び無関心の時期に入ると、子供の「自分を見て欲しい!」という気持ちが強くなり癇癪の回数が急増するため、注意が必要です。

この状態でお子さんに教えるべきなのは、「癇癪を起こさなくてもママはあなたを愛している」ということです。

これまでスマートフォンや趣味に集中することで、お子さんへの無関心な時間が多い場合は、それらの悪習慣をやめて「子供とコミュニケーションをする時間を増やすだけ」でも不安から生じる癇癪は次第に改善していくのです。

また愛情不足の子供たちの心を癒やすためには、ハグなども有効性の高い方法となりますので、スキンシップを含めたコミュニケーションを増やして「ママはあなたが大好きなのよ」という気持ちを伝えてあげると良いでしょう。

子供が癇癪を起こす理由2 上手に気持ちを表現できない時

子供が癇癪を起こす第二の理由は、気持ちを上手に言語化できない「自分へのもどかしさ」によるものです。

大人と比べて語彙力が極端に低い子供達は、ストレスや不快感を上手にママに伝えられない苛立ちによって癇癪を起こすケースが多いと言われています。

またそんな状態を放置しておくと、どんどん心の中にストレス要素が溜まっていってしまうため、結果として癇癪だけではとどまらず、さまざまな問題行動を起こすようになるのです。

癇癪や問題行動を起こす子供に対して、「その裏には何らかのメッセージが隠されている」と知っているママ達は、癇癪を止めようとする前に、「一体どうしたの?」と心の奥底に溜まった悶々とした気持ちを上手に引き出すことができます。

これに対して「癇癪=悪いもの」としか思えないママの場合は、子供に生じているネガティブな行動や思考を「とにかく抑えよう」と必死になる傾向があるため、結果としてそのストレスが大人になって噴出する事態に発展してしまうリスクに繋がると言えるのです。

言葉のシャワーが子供の心を楽にする

我が子が突然癇癪を起こしたら、言葉のシャワーを使ってその原因を一緒に考えてあげるようにしてください。

「○○がしたかったのかな?」とか「○○が嫌だったのかな?」といった子供の声を代弁する言葉のシャワーを使うと、お子さん達はYESかNOで応えるだけで自分の感情をママと共有できるようになります。

またネガティブな感情に対して「ママとシェアできた」という喜びは、愛情不足の解消や精神的な成長に欠かせない自信へと繋がっていくため、結果として親子の間に好循環が生まれるのです。

子供の癇癪に対してNGなこととは?

子供が癇癪を起こしているということは、どんな原因にせよ「心のなかにイライラや不安がある」と捉えて、絶対に叱らないようにしてください。

癇癪と叱りというネガティブな感情同士がぶつかり合うと、子供が欲している共感や愛情は更に減少へと向かってしまいます。

また子供を叱ってネガティブな感情や行動を抑え込もうとする親に対して、子供はサンドバッグのように爆発や攻撃を続ける傾向がありますので、癇癪という挑発に負けない強い心を持つことも親にとって欠かせない要素になると言えそうです。

0歳から始める日本初の幼児教育はコチラ

役に立った/参考になったと思ったら共有をお願いします^^

フォローはこちら 役立つ情報配信がんばります。ぜひお願いいたします。

関連記事

0bc436acd2a0d4645ab19ec8e0461c97_s

2015.12.24

甘えも大事!一人っ子育児の意外な注意点!

コツさえわかれば一人っ子育児も難しくない! 「ワガママ」というイメージが強 … 続きを読む

OKする若い女性

2015.12.24

ワーキングママ必見!保育園の延長保育の仕組みを徹底解説!

延長保育の需要が高まっている! 核家族や女性の社会活躍の急増によって、「保 … 続きを読む

Dollarphotoclub_91605780

2015.9.23

ママ!風邪をひかないで!真冬の授乳のコツと便利グッズをご紹介

真冬の授乳が想像以上に大変!? おっぱいをポロッと出す真冬の授乳は、多くのママ … 続きを読む

lgf01a201402051600

2016.3.16

赤ちゃんのしゃっくりを止める対処法 5選

赤ちゃんのしゃっくりにも対処法がある! 大人と比べてしゃっくりを起こしやす … 続きを読む

83f844f099c446d4914326d380cba412_s

2015.12.24

衝撃事実!早期英語教育にはメリットとデメリットがある!

英語教育の重要性が注目される時代です! 異文化交流が活発となっている今の時代は … 続きを読む

学校に通わせない!ホームスクーリングで在宅学習する子どもが世界で急増中

2015.11.10

学校に通わせない!ホームスクーリングで在宅学習する子どもが世界で急増中

「学校に通わせない」という選択をしている親もいる! 世界には、子どもを学校 … 続きを読む

教科書もレンタル!日本とアメリカの学校の違いを知ろう!

2015.11.10

教科書もレンタル!日本とアメリカの学校の違いを知ろう!

自由の国アメリカは学校も自由!? 自由の国・アメリカでは、日本と全く異なる … 続きを読む

宿題代行は絶対にNG!子どもの自主性を育む親の宿題サポートとは?

2015.11.11

宿題代行は絶対にNG!子どもの自主性を育む親の宿題サポートとは?

その手伝い方はNG!親が行うべき宿題のサポートとは? 小学生が毎日持ち帰っ … 続きを読む

d9684a212f4fbdcfafeb55981376a56e_s

2015.12.24

簡単に始められる!子育て家庭に適した節約のコツとは?

上手な売買が子育て家庭の節約に繋がる! 可愛い子どものためにあれこれ購入し … 続きを読む

Dollarphotoclub_80968901

2016.5.27

子連れ出勤によって得られるメリット・デメリット

子連れ出勤ができる会社が日本でも増えてきた 「子供のいるママの働き方を応援 … 続きを読む

アクセスランキング

  1. pixta_7613375_M
    ネットで話題!子どもが解けるのに大人が解けない算数の問題 4選
  2. joji
    不器用ママでも大丈夫!初心者向けの女児服の作り方 7選
  3. c7148f3dfc14a4b66a6f348bf6fb0094_s
    子供が指しゃぶりをする理由はママへの意外なサインが隠れていた
  4. img011
    子どもが怪我をさせたときに生じる親の責任と行動 まとめ
  5. pixta_6006968_S
    言葉かけでご飯を食べる!3~4歳児に食事のヤル気を促す方法とは?

記事一覧

カテゴリー