お役立ちコンテンツ

幼児教育なら幼児教室のギフト教育ラボTOP >  幼児教育コラム > 子育て > イヤイヤ期の反抗が子供の成長に繋がる理由とは?

イヤイヤ期の反抗が子供の成長に繋がる理由とは?

2016.4.7

820d4969e5600ab389fe67ad3f941b35_s

イヤイヤ期に上手な対処をして子どもを成長させましょう!

「イヤ!」という拒絶を通して自己主張をするイヤイヤ期は、お子さんの成長に欠かせないステップです。

多くのママが苦悩を味わうイヤイヤ期も上手な対処法によって優しく寄り添うことで、心と脳が良い形で発達していくと言われるようになりました。

今回はイヤイヤ期に関する疑問やトラブルの解消法について、新米ママでもわかりやすい形で説明していきます。

イヤイヤ期はいつからスタートする?

イヤイヤ期の本格的なスタートは1歳半すぎが一般的ですが、赤ちゃんの反抗は生後6ヶ月ぐらいから始まると言われています。

子育てサイトで多く見受けられる「魔の2歳児」というキーワードは、基本的にイヤイヤ期のことを指していると考えられますので、パパやママの頑張りどころは「1歳半すぎ~4歳ぐらいまで」と捉えておくと良いでしょう。

一般的には2歳がイヤイヤのピークとされていますので、1歳後半~2歳という時期さえ乗り越えられれば、お子さんのワガママも少しずつ解消していきます。

イヤイヤ期が子どもの成長に欠かせない理由とは?

何でも拒んで反抗するイヤイヤ期は、自我の芽生えとともに生じる成長の証です。

また2歳ぐらいの子供は「言葉」というコミュニケーションツールを身につけ始めるため、赤ちゃん時代のように「泣く」とか「奇声をあげる」といった自己主張ではなく、「イヤ」という言葉を使って生理的な欲求や不快感を示すようになるのです。

これまで可愛かった我が子が突然「イヤイヤ!」と言うことに、多くのママは戸惑ってしまう傾向がありますが、「きちんと言葉を使って自己主張ができるようになった」と捉えれば、成長の証としての喜びも得られることでしょう。

イヤイヤ期に入った子供たちは、さまざまな主張やワガママをパパやママにぶつけることで「自分の感情を他人にぶつけるとどうなるのか?」とか「自分の欲求は受け入れてもらえるのか?」を試しながら学習しています。

たくさんのイヤイヤをした子供たちは、両親の反応を通して「相手にも気持ちがある」という人間として欠かせないことを学べるとも言われていますので、欲求やワガママを受容することがこの時期の親御さんの役割と考えると良いでしょう。

イヤイヤをパパやママに受け止めてもらった経験は、他人への思いやりや感情のコントロールといった生きる上で欠かせないスキルの成長へとつながります。

子供はどんなときに「イヤ!」と言うの?

子供が「イヤ!」と言うシーンの感情や気持ちが理解できると、成長に繋がる対処をしてあげやすくなります。

《感情を言語化できない》
語彙力の低い子供たちは、自分が考えていることを上手に表現できない不快感によって「イヤイヤ」を発することも多く見受けられます。この場合は「自分自身にもどかしさを感じている状態」とも言えますので、じっくりコミュニケーションを図りながら本人が思っていることを引き出してあげると良いでしょう。

《目の前にあることをやりたくない》
食事やお風呂といった目の前にあることを拒否するときも、激しいイヤイヤを発します。特に楽しい遊びやDVD鑑賞をしている最中にご飯やお風呂と言われると、気持ちが切り替えられないという意味でのイヤイヤが発生しますので、切り替えの早い親の都合ではなく子供のペースに合わせた1日スケジューリングをしてあげることが理想と言えそうです。

《パパやママに甘えたい》
イヤイヤを発する子供の中には、パパやママにワガママをぶつけることで「自分を受け入れて欲しい」とか「自分のことをもっと見て欲しい」といった想いを抱えているケースも多く見受けられます。激化するイヤイヤの背景には言葉とは真逆の心理が隠されていることもありますので、我が子の言動や行動をじっくり分析するスキルも親御さんには必要です。

《できない、でもやりたい》
お兄ちゃんやお友達がやっている遊びやスポーツに興味があるのに、体の小ささやテクニックのなさによって「自分だけができない」というストレスもイヤイヤを発する代表的な原因となります。このようなタイミングでママが手を出してしまうと、子供のストレスが更に増大することもありますので、頑張っていることを評価しながら近くで優しく見守る姿勢を忘れないようにしてください。

イヤイヤ期でママがストレスを抱えてしまった時の対処法とは?

2~3年続くイヤイヤ期の中で、ママ自身がストレスを抱えてしまうケースも多く見受けられます。

たった1人でイヤイヤを受け止めきれないときには、旦那さん、祖父母、地域の子育てセンターなどに相談することもおすすめとなりますので、くれぐれもママひとりで全てを抱え込まないようにしてください。

0歳から始める日本初の幼児教育はコチラ

役に立った/参考になったと思ったら共有をお願いします^^

フォローはこちら 役立つ情報配信がんばります。ぜひお願いいたします。

関連記事

pixta_8918695_M

2015.9.23

幼児教育に最適!買って良かったおもちゃランキング

第1位 ピタゴラス ピタゴラスは、1歳から遊べる人気ナンバーワンの知育玩具です … 続きを読む

将来のことを考えて!子どもにお勧めの習い事 8選

2015.11.10

将来のことを考えて!子どもにお勧めの習い事 8選

将来に役立つ子どもの習い事とは? 子どもの習い事は、知識やスキルを身に付け … 続きを読む

angry

2016.4.13

今日から実践できる!子供の癇癪を止める秘策とは?

突然起こる癇癪に悩んでいませんか? 発作のように突然生じる子供の癇癪は、「 … 続きを読む

83f844f099c446d4914326d380cba412_s

2015.12.24

衝撃事実!早期英語教育にはメリットとデメリットがある!

英語教育の重要性が注目される時代です! 異文化交流が活発となっている今の時代は … 続きを読む

pixta_861452_S

2016.5.18

子供の名前に使える漢字と名付けの際に注意すべきポイント

せっかく付けた名前が市役所で受理されないこともある パパとママが一生懸命考 … 続きを読む

colorpencil

2016.4.30

知育に活用できる!子供におすすめの無料塗り絵サイト

天気の悪い日は塗り絵をさせましょう 悪天候やママの体調不良によって外遊びが … 続きを読む

OKする若い女性

2016.4.28

マンション暮らしでも大丈夫!子供の抜けた歯の処理方法ガイド

さまざまな説のある抜けた乳歯の扱い方 5~6歳ぐらいから歯の生え変わりが始 … 続きを読む

nayanderu

2016.5.22

臭いおならは要注意!新生児の便秘を解消する簡単な方法

生後3~4週間の排便回数で不安になるママも多い 生まれたばかりの頃は授乳を … 続きを読む

img002

2016.2.10

兄弟差別を受けた子どもに生じるコンプレックスと人生への影響とは?

自分の子どもに対して「みんな平等に可愛い」と思えない親が増加中 人気テレビ … 続きを読む

otetsudai

2016.5.1

お手伝いも捗る!子供のための踏み台選び

踏み台の活用が子供とママに好循環をもたらす まだ身長の低い子供たちに積極性 … 続きを読む

アクセスランキング

  1. pixta_7613375_M
    ネットで話題!子どもが解けるのに大人が解けない算数の問題 4選
  2. joji
    不器用ママでも大丈夫!初心者向けの女児服の作り方 7選
  3. c7148f3dfc14a4b66a6f348bf6fb0094_s
    子供が指しゃぶりをする理由はママへの意外なサインが隠れていた
  4. img011
    子どもが怪我をさせたときに生じる親の責任と行動 まとめ
  5. pixta_6006968_S
    言葉かけでご飯を食べる!3~4歳児に食事のヤル気を促す方法とは?

記事一覧

カテゴリー