お役立ちコンテンツ

幼児教育なら幼児教室のギフト教育ラボTOP >  幼児教育コラム > 子育て > すぐにキレる子供たちに隠されたメッセージと対処法

すぐにキレる子供たちに隠されたメッセージと対処法

2016.4.5

odoroki

良い子が突然キレる!中間反抗期とは?

イヤイヤ期と呼ばれる第一次反抗期と、中高生に生じる第二次反抗期の間、小学校低学年のお子さんが突然キレやすくなる状態に対して、近年「中間反抗期」という考え方が生まれています。

本来この時期のお子さん達は、両親や家族、友達に対して従順で、爆発的な怒りを発することはありません。

しかし子供たちがさまざまなストレスに晒されている今の時代は、穏やかであるはずの小学校低学年のお子さんたちでも、大人が驚くような「キレる」という怒りの噴出を見せることがあるのです。

今回は、キレやすい子供を育むNGフレーズや、実際にキレてしまった時の対処方法を詳しく解説していきます。

キレやすい子供を育てるNGフレーズがある!

キレやすい子供の多くは、これから紹介するようなフレーズによって両親からコントロールされて育った傾向が高いと言われています。

多くの親御さんが自然に発してしまうこれらのフレーズは、子供たちの感情を押さえつけてしまう問題性の高い存在となりますので、既にお子さんがキレやすい状態に陥っている場合は、「子育ての中でNGフレーズを発していないか?」を再確認するようにしてください。

NGフレーズ1 泣かない我慢強い子だね!

このNGフレーズを何度も言われた子供は、「泣かないこと」や「我慢すること」が非常に良いと捉えて自分の感情を全て抑え込むようになってしまいます。

確かに全く泣かない我慢強い子供は、親にとって手がかからない「良い子」と言えるかもしれません。

しかし幼い頃から我慢し続けた感情は、人生のどこかで必ず突然噴出してしまうため、結果として「普段はおとなしいのに、キレると手がつけられない子供」に育ってしまうのです。

キレる子供の中には物を破壊したり、お友達や兄弟に暴力を振るうといった事例も見受けられますので、「他害をしないためにも、幼い頃にたくさん泣いておくべき」と捉えて子育てを行うようにしてください。

NGフレーズ2 ママは良い子が好き

勉強やお手伝いを頑張る度に、「ママは良い子のアナタが好きよ?」と言ってしまうと、子供たちは「自分はママのために良い子でなければならない」というプレッシャーや強迫に苦しめられるようになります。

このフレーズをたくさん使う親の子供は、確かに「パパやママの言うことをきく良い子ばかり」です。

しかし良い子を演じることで生じる抑えられた感情も、必ずどこかで爆発してしまうため、キレる子供を生み出さないためにも「良い子の型に当てはめないこと」が理想と言われるようになりました。

幼少時代にたくさん良い子を演じた子供の中には、成人後の社会生活が上手くいかなくなったり、引きこもりや自傷行為といった問題行動を起こす方々も多く見受けられますので、「良い子を求めずにありのままの子供を愛する姿勢」を心掛けるべきと言えるでしょう。

子供がキレてしまった時に絶対にしてはいけないこととは?

子供が突然キレた時は、「頭ごなしに否定をしないこと」を絶対に守るようにしてください。

キレるという状態に対して「これまで我慢していた感情が噴出しただけ」と捉えられるようになれば、そのありのままの状況を受け止めやすくなることでしょう。

キレた子供を叱ったり、全否定してしまうと、「感情を出すことはママに迷惑をかける」という想いから更にお子さんのネガティブな感情が心に蓄積するようになるため、注意が必要です。

親が平常心で接すれば子供は落ち着く!

お子さんがキレた時の親の姿勢として大事なのは、「平常心で接すること」です。

キレた子供に影響されて親も感情的になってしまうと、問題の論点がずれることで問題の収束が難しくなると言われています。

また親も衝動的になるという状況は、「キレている子供を受け入れられていない証」とも言えますので、大きな器でお子さんを受容するためにも、平常心でしっかりと向き合う姿勢を忘れないようにしてください。

怒りのコントロール法を教える!

子供がキレてしまった時には、「今は怒っているから、落ち着いたらゆっくり話そう?」といった形で怒りのクールダウンやコントロールを習得させるのもおすすめです。

この方法を繰り返し行っていると、「キレている間は話し合いにならない」という学習もできるようになりますので、結果的に「キレても意味がない」と捉えられるようになるのです。

まとめ

中間反抗期でお子さんがキレてしまった時には、その背景に「我慢している気持ちがある」と捉えた方が良いかもしれません。

またキレることを「お子さんが発しているメッセージ」と認識することができれば、親子のコミュニケーションや学校での問題を発見する良い機会になりますので、ネガティブに捉えずにじっくり向き合うようにしてください。

0歳から始める日本初の幼児教育はコチラ

役に立った/参考になったと思ったら共有をお願いします^^

フォローはこちら 役立つ情報配信がんばります。ぜひお願いいたします。

関連記事

Dollarphotoclub_86900892

2016.4.20

経過観察は何時間?子供が頭を打った時の対処法とは?

子供は大人よりも頭を打ちやすい 4~5等身しかない乳幼児は、身体の大きさと … 続きを読む

子供テレビ

2015.10.26

子どもの発育を促すテレビ活用術

親子とテレビの付き合い方で発達が変わる!? リビングなどでゴロゴロしている赤ち … 続きを読む

img010

2016.2.18

ワゴンRやムーヴなどの軽自動車が子育て夫婦に適している理由

子育て夫婦が軽自動車を買うメリットガイド! 一世帯あたりの普及率が50%を … 続きを読む

img011

2016.2.20

子どもが怪我をさせたときに生じる親の責任と行動 まとめ

子どもが怪我をした時、させた時に冷静に対処をするために! 子ども同士で遊ん … 続きを読む

c7148f3dfc14a4b66a6f348bf6fb0094_s

2016.5.7

子供が指しゃぶりをする理由はママへの意外なサインが隠れていた

指しゃぶりの原因を知って適切な対処をしましょう 赤ちゃんの頃は可愛らしい指 … 続きを読む

img012

2016.2.21

ケガの症状やケース別!家庭でできる簡単な手当の方法

覚えておこう!子どものケガの対処方法! 元気いっぱい、無我夢中で遊びまわる … 続きを読む

d2c5077a3766fdba0247d6ad30121bbb_s

2015.12.24

スマホアプリも活用!子供にひらがなを教える際のポイントとは?

ひらがなの習得には個人差がある! ひらがなに興味を持ち始める年齢には個人差があ … 続きを読む

保育士直伝!年齢別・子どもに合ったお手伝い選びのコツとは?

2015.11.11

保育士直伝!年齢別・子どもに合ったお手伝い選びのコツとは?

コツを掴んで子どもにお手伝いをしてもらおう! パパやママのお手伝いは、子ど … 続きを読む

img007

2016.2.15

赤ちゃんが産まれたら絶対に写真に残したい15のシーン

赤ちゃんのいる家庭にはフォトシーンが盛りだくさん! 赤ちゃんが生まれたら、 … 続きを読む

tsukamaridachi

2016.4.15

赤ちゃんを危険から守る!人気の事故防止グッズ 7選

事故防止グッズがママのストレスを減らしてくれる 好奇心によってママも想像で … 続きを読む

アクセスランキング

  1. pixta_7613375_M
    ネットで話題!子どもが解けるのに大人が解けない算数の問題 4選
  2. joji
    不器用ママでも大丈夫!初心者向けの女児服の作り方 7選
  3. c7148f3dfc14a4b66a6f348bf6fb0094_s
    子供が指しゃぶりをする理由はママへの意外なサインが隠れていた
  4. img011
    子どもが怪我をさせたときに生じる親の責任と行動 まとめ
  5. pixta_6006968_S
    言葉かけでご飯を食べる!3~4歳児に食事のヤル気を促す方法とは?

記事一覧

カテゴリー